ポジショントーク上等!!ってゆーか結局、誰のどんな発言だってそうでしょうYO!!

未来拓く、みうらひらくです。

本日は何と言ってもオバマ大統領が広島を訪れたことが、国内トップニュース。

サミット首脳宣言は市場に驚きを与えるような内容ではありませんでした。

”ヒロシマ”での発言内容に注目したのは、日米国民だけではなかったはずです。

その内容について詳しく触れるつもりはありませんが、立場が立場の人の言葉。

重みや影響力が違います。

多くの方々がその発言内容について、思うところがあったことでしょう。

humuhumu

オバマ大統領の広島スピーチ全文 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」

多分にパフォーマンス的な要素があるのは事実でしょう。

この時期だからこそ可能になった広島行きだったというのも、その通りだと思います。

ですがそれでも…非常に意義深いことだったというのが私の率直な感想です。

大統領就任時の演説を見た時のことを今でも記憶しています。

英語がわかるわけではない私にさえ…”伝わってくるもの”があったことを思い出しました。

核のない世界…それは現実を見ると幻想と思わざるを得ませんが、それでもその方向に進むことを諦めては、それこそ過ちを繰り返すことになりかねません!!

平和の維持こそ、政治家の最大の仕事…政治の最大の目的だと信じています。

yahho

さて、そのオバマ大統領の広島行き。

日本国内でも色々と言われていましたが、それはアメリカ国内でも同様だったようです。

およそ戦争というものは、どの陣営にも犠牲が出てくるもの。

犠牲が生まれる以上、そこに関係した人たちは利害関係の当事者として、その問題に対して主観的になるのは当然の成り行きです。

その結果…利害関係が入り組んでくると、どうしても対立構造が生まれるのです。

それは仕方がないことだと言えます。

いかに平和を追求しようとも、そこをゼロにしようというのは…少なくとも現時点で冷静に現実を見ている人間の発想ではないと私は思います。

人間はそこまでよくできた存在ではないでしょう。

夢を描くことは素晴らしいことですが、実現可能性が全く感じられない考えでは…真のアイデアとは呼べないのではないでしょうか。

atamaban

ポジショントークとは(goo辞書より)

株式市場や為替市場にポジションを持つ市場関係者が、自分の利益になるように相場を誘導するために、根拠の不確かな情報を流すこと。

自分の立場に有利になるような発言。

1の”ポジションを持つ”というのは売ったり買ったりの当事者であること…くらいに捉えていただければ十分。

利害関係の当事者が、利益誘導のために行う話術…それがポジショントークです。

金融関係者以外にも、一般的に2の意味で使われることが多くなった単語。

最近特にネット上でよく見ます。

でもコレ…ぶっちゃけ皆やってません??

って言うか、全てがポジショントークじゃありませんかね??

onara

身も蓋もない表現ではありますが、誰しもそれぞれの”ポジション”に立っています。

自由に物事を考え、判断し、行動しているようでいて…それは当然、自分の利益に適うと判断した結果の決断であるはずです。

その根拠となるのが、他でもない”ポジション”です。

ポジション≒立場と考えていただければ分かりやすい。

立場から解放されることなど、社会生活を営む人間には不可能です。

つまり、ポジショントークを否定しても始まらないのだッ!!

appare

各自がそれぞれの立場からモノを言うことは混乱を招くだけ…みたいな話もよくありますよね。

それでも話し合っていくこと、そして…”落としどころ”を探っていくことが大切だと考えております。

適切な表現じゃないけど”落としどころ”以外思いつかぬ。

だってそうしないと、進まないじゃん!!

それではまた明日。

コメント