他人と異なる点を個性と言い切れる強さを、あなたは持っている?

未来拓く、みうらひらくです。

個性的だねと言われると全て褒め言葉だと理解する、みうらひらくです。

 

 

前向きなんですYO!

ポジティブが服着て歩いているようなものです。

簡単に言うとアホなのである。

しかしアホみたいにポジティブであり続けることも、強靭な精神力がないと出来ないんだぜ?

 

 

前向きに生きたくないかい?

死ぬときは、たとえドブの中でも前のめりに死んでいく。

 

 

そんなポジティブな性格の持ち主を頑張って演じていると、実際に少しずつ強くなれる。

コレは間違いない。

つか、強くならざるを得ない

自分自身を追い込むことで成長できるのです。

 

 

変わり者であること、ユニークだよねと言われること、〇〇らしいねと言われることは必ずしも褒め言葉ではない。

そんなこと、知ってる。

個性は時に皮肉を込めて…悪意すら込めて、評価される。

多かれ少なかれ皆、自分と異なるもの…特異なものは嫌う傾向がある。

俺自身も例外ではありません。

 

 

なぜ?

自分自身と大きく異なる存在、よく理解できない存在は”怖いから”です。

恐怖するゆえです。

 

 

世界中には自分に生き写しの人が3人いる…なんて話がありますが、人の容姿は一人ひとり異なり、最も端的に個性を表すものの一つでしょう。

だけどどこまでを個性として捉えられるかは、正直あまり深く考えたことはなかった。

今日は本当は別のことを書こうと思っていたけど、この記事を紹介しとく。

4本の指でうまれてきた私が、【自分なんて】と悩むあなたへ伝えたいこと

 

 

これ読んだら”逆に”…”自分なんて”と思わされたわ!

あまちゃん過ぎるな今の俺。

まだまだ、もっともっと前向きになれるぞ俺。

 

 

世の中には尊敬に値する人がいくらでもいる。

この記事は読んで欲しいけど、感想は吐き出しにくいかもね。

それが触れてはいけない空気ってやつか。

 

 

そういう空気を少しずつ学んで、人は大人になる。

空気を読む能力は、社会生活を送っていく中で確かに必要とされるでしょうね。

だけど間違いないと考えているのは、読みすぎちゃダメだってこと。

 

 

空気全部読めたら、色んな意味できっと生きてられんぜ?

読みは所詮、読みなのです。

それ以上でも以下でもあるべきではない。

読んだ空気をどう消化し、昇華させるかは自分次第。

読んだ上で無視するのもアリ!

 

 

何度か書いた迷言をもう一度記しておく。

読みすぎた空気は他人が吐き出した二酸化炭素、もはや毒ガスだ!


気をつけましょう。

 

 

本日はこんなところで。

また明日!

 

コメント