一番好きな飲み物のべストアンサーとは?つまらない男になるな!

未来拓く、みうらひらくです。

一番好きな飲み物はジン、みうらひらくです。

 

 

なぁ、君の周りにもいないか?

いやいや心配するな…今日は髪の話じゃない

ハゲも安心して読むと良いよ。

 

 

アレだ。

「君が一番好きな飲み物は何?」

こんな感じで尋ねられた時にさ。

「ん〜、やっぱ水かな!」

…なんて答えちゃう奴。

 

 

そーゆー超つまらない男にはなりたくないと思って生きている。

俺が男だから男って書いただけ。

女が同じ答えを返したとしても、俺は落胆する。

その他の誰だって同じことだ。

 

 

あ…別に水が好きな人を否定しようってことじゃないから、勘違いするなよ。

死ぬまで飲んどきな、大好きなwaterを。

もちろん水がうまいのは良いことだ。

俺の大好きなジンにしても、結局は水が良くないとダメだからね。

 

 

全ての飲料の元は水である。

もっと言えば、全ての命の源は水なのだ。

自らも、水から生まれたのだ。

 

 

当たり前なんだよ、水が美味しく感じられるのは。

ふるさとみたいなものなんだから。

そこをどう発展させるか。

ふるさとをどうやって美しいまま保ち、あわよくばさらに発展させるか。

 

 

まぁ、そういう類の試みの多くはWの意味で”やらなければ良かった”という結果になりがちだが…トライアンドエラーを繰り返すのが人間。

失敗したって良いじゃないか。

失敗も人生の大事なパイの一つ。

 

 

水から…自らが何を作り上げるか、それが大事なんじゃないか?

自然の恵みをただ享受するだけ、それだけで満足なの?

タダほど高いものはないぞ。

 

 

「君にとって一番美味しいものって何?」

「ん〜、やっぱ空気かな!」

…そうか。

まぁ、個人の勝手ですが…こーゆータイプの人と過ごしていると、少なくとも俺は無駄に感じる時間が長そうだってこと。

 

 

もっとうまいもの探そうぜ。

何なら作ろうぜ。

一緒に食べようぜ。

 

 

そう言えば今、ジンがキてるらしい。

 

やっと時代が俺に追いついたか…?

いやいや、俺は立ち止まってなどいない。

追いついてみやがれってんだ。

 

 

こちとら中学生の頃からジンが好きだって言ってるんだ(あ…言ってただけっスよ、念のため)、なめんじゃねぇ!

誰だと思ってんだ、ひらくマさんだぞ!

 

 

本日はこんなところで。

また明日!

 

コメント