やはり世界一カッコいいハゲ!だが複雑な思いで泣いたCL決勝。

未来拓く、みうらひらくです。

最近キャプテン翼の話題でジェネレーションギャップを感じた、みうらひらくです。

 

 

UEFAチャンピオンズリーグっていうサッカーの大会がある。

ヨーロッパのクラブチームNo.1を決めるため、各国のリーグ覇者をはじめ強いチームばかりが集って戦うとゆー、超凄い大会だ。

4年に1度短期決戦で行われるW杯などとは異なり、基本的にホーム&アウェイでのリーグ戦であるため、ラッキーで勝ち進むことはより難しい。

 

 

俺の中では観ていて最も楽しい大会だ。

決勝戦の日だけはTVがないと困る。

サッカーやボクシングの録画を観ることほど興ざめするものも、そうそうないだろう。

 

 

ってか、観る前に結果知っちゃったたりすると最悪である。

東京時代…何かの試合を録画している際には、余計な情報が入ってこないようにヘッドホンをしていたものだ。

今年も決勝だけはチェックしましたぜ!

そこでまた世界一カッコいいハゲが新たな歴史を作ったのである。

 

 

詳細はいくらでも転がっているだろうから他に譲ろう。

でもちょっと感想だけ。

 

 

改めてレアルは凄いメンバーだった。

個人的にはモドリッチがキレキレで素晴らしかったと思うけど…MOMがクリロナなのは2点取ったら仕方ないか。

しかしあの軍団をまとめるジダン、さすがである。

 

 

今回の決勝戦、終了間際に退場して試合を壊しかけた選手がいたが…W杯決勝でのジダンを彷彿とさせた。

同じように感じて複雑だった人も多いだろう。

 

 

複雑と言えばレアルファンだが…今回の決勝は相手チームのGKでキャプテン、ブッフォンを応援せざるを得なかった。

同じ39歳としてね。

 

 

学年的には一つ上の先輩である。

この歳になって学年とか、別にどーでも良いでしょって思うが…何であんなに気にするの?

日本でしか通用しない考え方ですな、入学時期違うし。

 

 

決勝までの12試合で3点しか取られていない超名手が、決勝だけで4点取られることもある。

それでも涙一つ見せず上を向いて歩き、まだ諦めないと宣言する。

こっちが泣くわ。

 

 

サッカーの試合で望ましい結果を出せるか否かは、誰か1人の優れた選手の力だけではどうにもならないことが多い。

チームで戦うわけだから。

これは他の仕事や、政治にも同じことが言える。

 

 

君はどこにいる?

選手?

監督?

チームスタッフ?

観客?

 

 

もう一つ、選手や監督と同じように当事者である大事な役割がある。

審判だ。

審判を誰がやるか。

これは超大切な問題。

今回の試合でも実際、その判定どうなのってシーンは何度もあった。

物事に取り組む際、自分がどーゆー立場なのか…サッカーの試合に置き換えて考えてみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

それでは本日はこんなところで。

また明日!

 

コメント