免許など要らぬ!一体誰が俺にお墨付きを与えられると言うのだ!

未来拓く、みうらひらくです。

好きな料理はオムライス、みうらひらくです。

 

 

やべ!

今朝は久々に予定時刻より遅く起きてしまった!

目覚ましナシで起きられるようになったと思い込んでいたが…睡眠は簡単にコントロールできない。

居眠りには気をつけろ!

 

 

さて、実は運転免許証の更新期限が迫っている。

俺が持つ唯一の免許である。

調理師免許取れ取れって言ってくれて、お金まで出してくれるって話で試験受ける段取りしてくれたのに…起きたら普通に試験始まっていたあの頃。

昔可愛がってくれた調理師会重鎮のおじいちゃんは元気だろうか。

 

 

幻となった調理師免許だが、Gちゃんいわく”運転免許の次に簡単な国家資格”だと。

これには多くの調理師諸君が同調しないかもしれない。

でも確か2年現場で働いてたら誰でも試験受けられるんだよね…制度変更されてなければ。

まぁ免許は持っていないが、俺様の料理の旨さは食べたことがある人間なら誰もが同調してくれるだろう。

 

 

本日の論点はココだ。

免許ってイルカ?

結論から言えば、要るだろうね。

 

 

世の中にブラックジャック先生のような天才無免許医がゴロゴロ転がっているハズはない。

無免許医に診察してもらいたい人、手術などしてもらいたい人なんて極めて少数派だろう。

たとえ腕が良いと評判であっても、恐らくはな。

漫画の世界であっても、ブラックジャック先生の元を訪れる患者は”ワケアリ”の人ばかりだ。

 

 

でも、料理はどうかな?

そもそも開業に調理師免許は不要。

腕に覚えがあるなら、店やっちゃえば良いんじゃね?

 

 

ただ調理師だの、食品衛生管理者だのがいたところで…食中毒を出す店は後を絶たない。

食中毒の恐ろしさの証左とも言えるが…君は家で飯食ってて食中毒になったことある?

母ちゃんの料理で食中毒になったことあるか?

毎日メシの準備をしてくれた母親には感謝しかない。

もちろんそれが父親であっても、他の誰であっても同じことだ。

 

 

どんな免許であっても、とんでもない奴が取得することはある。

医師免許持ってるけど、ろくでもないエロ医者だったり…教員免許持ってるけど、とんでもないエロ教師だったりするのはよくある話だ。

エロだけは許せん!

俺が代わりたi…

 

 

免許なんてものは一つの指標に過ぎない。

場合によってはその免許を発行している大元自体が信用できないケースだってあるのだ。

 

 

さて、俺の仕事の現場にも関係する一つの免許の規制緩和が最近ひっそりと発表された。

通訳ガイド、無資格でも 外国客急増で 質低下の懸念も

いや、別に普通に発表されているが…興味がない人は知らんわな。

 

 

基本的に俺は、規制緩和大賛成、選択肢増やしましょうぜ方向を向いている。

グダグダ文句言う人間もいるだろう。

身近にも通訳案内士の試験を受けた人間がいる。

受かった人間も落ちた人間も、良い顔をしないだろうことは想像がつく。

 

 

規制緩和には文句や痛みは付き物だ。

民泊なんてあれだけ騒がれ続けているけど、問題解決には程遠い。

通訳案内士なんて、翻訳コンニャク的技術が進めば、通訳部分は要らんわな。

しかしさすがに俺も、一般道での無免許運転を許せるほどプログレではないため…甘んじて講習を受けようじゃないか。

違反運転者講習とやらをな!

 

 

本日はこんなところで。

また明日!

コメント