裏見はらさでおくべきか!名瀑の裏側で愛を叫んで滑ってハゲる。

未来拓く、みうらひらくです。

チャレンジャー呼ばわりはむしろ光栄、みうらひらくです。

 

 

みずから開拓して行くのです…何しろ”ひらく”ですからね。

このように拓…ひらくをアピールすることが多い私ですが、本日は三浦をアピールしようと思う。

 

 

三浦…みうら…らうみ、うらみ、裏見。

そうなんです。

鏡野町には裏見の滝という珍しい滝があるのだ。

それが岩井滝だッ!

 

 

流れ落ちる水を、裏側に回って眺めることができる珍しい滝。

雨が降った翌日の迫力はなかなかのもの。

降ってる当日に行くのは憚られる場所ではあるけどね。

水量によって異なる表情を見せる、通年人気のスポットです。

 

 

ここは鏡野町の数ある景勝地の中でも、最も人気があり外せない場所だと言えます。

PAKUTASOさんと鏡野町観光協会のコラボレーション企画でも、岩井滝奥津渓だけはマストで撮影お願いしますとお伝えした。

 

 

そんな岩井滝だが、結構な山奥にある。

滝までの道は近年整備され、とても歩きやすくなってはいる。

ただそれは日中の話。

 

 

夜は怖いぞ、チミ。

おばけ出るかも。

つか…熊とか猪とか野生動物の方が怖いかも。

街灯など整備されているはずもない。

 

 

そんな中…岩井滝をライトアップできないか?

PAKUTASOさんとの企画に際し、毎度の思いつきとも言えるアイデアを出しました。

そして頼れる上司や先輩、友人たちのおかげで昨夜…恐らく史上初の岩井滝ライトアップ作戦が実行されたのです!

 

 

 

ただ1人…裏見とか怨みとか三浦とかいう奴が、裏がツルツルの靴履いてきていたせいで、ツルッと滑ってずぶ濡れになっていたが…それもご愛嬌。

ツルッとハゲるよりはマシだと本人は言っています。

岩井滝を訪れる際は、歩き慣れた滑りにくい靴で行くように!

 

 

ライトアップは、例えば舞台の照明関係の仕事をされているなど…知識や経験がないと難しいそうだ。

そりゃそうだろう。

完全なる素人が…何とか機材を集め、頑張ってやってみた結果…。

 

 

これ、何とかできんじゃね?

そんな結論に至りました。

まぁ問題点も色々と発覚しましたが…やってみないとわからないこと。

机の上で妄想しているだけじゃ絶対にわからないことがある。

 

 

岩井滝をライトアップして集客する方法は、すでに昨夜のうちに幾つも考えついた。

ぶっちゃけライトアップするだけでも、そこそこの人が集まるだろう。

参加した皆からもアイデアは出まくりました。

今年は間に合わないけど…来年は岩井滝まつりの前夜祭にやっても良いんじゃね?という大将案は素晴らしかった。

岩井滝まつりってのはコレ。

おいでなさい。

 

 

やはり、新しいことに挑戦してみないと見えてこない景色は絶対にある。

ライトアップされた岩井滝を見てみたい人は少なくないはず。

そこに滝はある。

使おうぜ、もったいないじゃんか。

それこそおばけ出ちゃうぞ

 

 

そういえば昨日、連日告知しまくっている講演会のお申し込みが3件ありました。

3件て…いや、3件でも嬉しいけど、少なッ!

ゼロで中止という選択肢はなくなりましたが、まだまだ参加可能だぜ!

 

 

急に行っても良いんだろって声も届きましたが…何度も言うように、事前準備が必要です。

いきなり当日来ても対応できない可能性があるので、必ず申し込みをしてくださいね!

これで当日アポなしで来る奴はアホだぞ。

その時点でルールが守れない人種確定なので、参加お断りさせていただく可能性があります…悪しからず。

 

 

それでは本日はこんなところで。

また明日!

コメント