スキー場どうします?図らずも見えた光、これぞチャンスでは?

未来拓く、みうらひらくです。

チャンスの女神様には前髪しかないっていうけど、前髪がない人からすると羨ましい話だよね、みうらひらくです。

 

 

バタバタしてる間に1ヶ月以上放置してしまったが…先だって、雪のない時期のスキー場の利用方法についてアイデアを募集した。

 

 

色々とご意見いただいていたので、主なものを紹介しておこう。

・フェス。

・花を植えまくる。

・グランピング(キャンプの豪華なやつ)に特化。

・マウンテンバイクを超ウェルカムな感じに。

・こんなやつ

 

 

提案時点で俺が考えていたのは

大声大会開催以前書いたヤツの応用形)。

人集めまくってヨガヨガチェーンは世界記録狙えるレベル)。

一面クローバーにして四つ葉探し(花も咲くから蜂蜜取れたりして…アソコ巻き込める可能性も?)。

 

 

…などなど。

それぞれに魅力があるし、検討に値するものもあるだろう。

駄菓子菓子!

正直なところ、イマイチどれもガツンと響くことはなかった。

 

 

今回のPAKUTASOさんとのコラボレーション企画の一環で…恩原高原スキー場でドローンを飛ばしていただいた。

撮影してくださった動画や写真が使い物になるか否かは、まだわからない。

電気柵の中で少しだけ咲いているニッコウキスゲや、様々な工事をしまくっている風景は…少なくとも自分には魅力的なものとは映らなかった。

コレはもちろん、なんちゃってカメラマンひらく氏による撮影だ。

あの広さを何かで埋めることはやはり大変。

 

 

だが、俺は景色とは違うところを見ていた。

気持ち良さそうにドローンを飛ばす後ろ姿。

この時期にスキー場に案内すると言ったその瞬間から…彼らの興味は撮影対象よりもドローンを飛ばすという行為そのものへと移っていた。

あれ、これは逆にイケるんじゃない?

広い場所で自由に操縦するのは練習にもなるとの話。

何しろ都心部からドローンを飛ばせる場所までは、電車に揺られて2時間超だとか。

都会には自由に飛ばせる場所は多くない。

果たして、講演会で触れてくださった。

 

 

これはチャンスだろ、どう考えても。

1〜2ヶ月後には、月間400万PVを誇るサイトで鏡野町をドローンで撮影した動画や切り出した写真が公開されるのだ。

 

 

鏡野町という名前すら目にしたことがなかった人たちが、鏡野町を知る。

 

 

で?

それでその先は?

その先の工夫があってこそ、意味がある。

見てもらって終わり、使ってもらって終わりじゃ…あまりに芸がない。

 

 

自由にドローンを飛ばせる鏡野町は、ドローンを飛ばしたい人から見たら魅力的。

だったらその層、狙い撃てば良いじゃん!

 

 

舵を切るタイミングじゃないか?

この先の1〜2ヶ月が勝負でしょ!

楽しくなってきたぜ!

 

 

本日はこんなところで。

また明日!

コメント