走り出す鏡野トレイン!強がりの汽車に君も一緒に乗っていこう。

未来拓く、みうらひらくです。

ドMでありドSであるド根性ひらくマ、みうらひらくです。

 

 

PAKUTASOさんと鏡野町のコラボレーション企画、空港からお三方と鏡野町へと向かう道中。

津山線が横を走っている。

電車が短いだの、そもそも電車じゃないだの、鏡野町なんて駅がないといった話をした。

”え…駅ないんですか?”

さすがに驚く方もいた。

そりゃそうだ、都会の人はそんなもの。

 

 

ちなみに鏡野町の隣の津山市での話だが…ウチの嫁さんはアパートを探している際、不動産屋さんで”ココって駅から徒歩何分ですか?”と尋ねた。

え…70分くらい…ですかね…?”という答えに何言ってんだコイツという顔をしていたが…担当者の方も明らかに怪訝な表情をしていたものです。

 

 

鉄道が走っていないのは大した問題じゃない。

住めば都だと?

んなわけねーだろ!

自分が適合していくだけ

でも、それだけじゃつまらなくない?

 

 

都にしちゃえば良いじゃんか!

もちろん、都会にしちゃおうって意味じゃないぜ。

住みやすく楽しい場所に変えていけば良いじゃんってこと。

これが俺の行動原理です。

 

 

さて、小出しにしている講演会のネタですが、余りにも面白かったものでね。

書きたいことが多過ぎる。

鏡野まで聞きに来てくれたら、書けないような話も聞かせてあげますYO!

今回の企画でご来町いただいたお三方が本当に凄い人たちだったのは、話を聞いてくれた面々は理解しているだろう。

凄いって言ってもカメラマンだろ?って言ってた方もいましたが…講演会後には言うこと変わってました。

 

 

もちろん写真も凄いので、もう1度だけ紹介しておこう。

すしぱくさん。

Yamashaさん。

カズキ ヒロさん。

リンクに飛べば、PAKUTASO上の撮影写真を見ることができます。

しかも自由に使える。

使っちゃえ!

 

 

問題は行動に繋がるか否かだって話を昨日書いた。

そんな中で早速動いている人たちがいる。

動き方はそれぞれだが…動くこと自体が良いこと。

 

 

イイハナシダッタナ、ワレワレモナニカヤロウ。

言ってる間に早くやれや。

せめて頭使って考えろや。

 

 

”何か”って何だよ、それを考えろって話。

先日集まってくれた35人は、それぞれに何かしら持って帰る気で来ていたはず。

観光、行政、アート、政治、デザイン…様々な分野の方々。

普通の主婦って方もいましたが、何の問題もない…むしろ素晴らしいことです。

 

 

誰が偉いもクソもない。

それぞれの分野で、聞いた話を活用すれば良い。

これはハッキリ言って、面白いことになりそうです。

…っていうか、します!

 

 

私も一応、組織に所属する人間なので…まだ書けないけど、すぐ書けるように調整します。

楽しみにしておいて損はないぞ!

すでにいくつもの計画が動き出しております。

 

 

ポシャらせはしない。

せっかく生まれた流れを、潰すわけにはいかないよね。

 

 

調整できなきゃ、勝手にやるだけだ。

組織の一員としてでなく、個人としてやるだけってこと。

アホみたいな組織の枠組みなんて、軽く飛び越えてやりますYO!

 

 

今回の一件で、ウチの上の方々が思っていたよりも理解があるのはわかったし…何とかなるだろう。

つくづく、良いところに拾ってもらったと感じているところです。

恩返しじゃないが…仕事で返さず何で返すんだって話。

 

 

出る杭は打たれるといいますが、出過ぎた杭は打たれないってね?

そうかな?

打たれないのも淋しくね?

俺はガンガン打ってもらって良いんですよ。

しかし俺…超絶に記憶力が良いんだよね、知ってる人は知ってる話。

(いや、実は最近はそーでもないけど。)

 

 

打たれたことは忘れないし、打ったことを恥ずかしく思えるような仕事をしていくし…何なら打った瞬間に骨折るくらいカタいけど大丈夫?

打つなら覚悟持って打てよ?

じゃなきゃ怪我すんぜ!

コッチは覚悟持ってやってんだコンニャロー!

さて、朝から元気なようです。

電車汽車に乗り遅れる前に出発せねば!

 

 

それでは本日はこんなところで。

また明日!

コメント