文化財をいかに守るべきか?口だけの応援はやめ、出すもの出せ!

未来拓く、みうらひらくです。

お金大好き、みうらひらくです。

 

 

もっと好きなものおっぱいいっぱいあるけどね。

 

 

岡山県津山市。

私の住む生まれ育ったまち。

津山市のシンボル、ランドマークの一つとして…市民の誰もが認めるであろう存在が津山城趾、鶴山公園です。

 

 

以前、鶴山公園入場料を無料化しようぜ的エントリーを書いています。

逃げる2月も観光客は逃せん…鶴山公園期間限定入園無料化計画!

評判も良く、色々とご意見をいただけたエントリーでした。

しかし、自分自身の考え方がこれを書いた時から少し変化しています。

 

 

例えば、自治体内にも色々な人がいます。

鶴山公園に良い思い出をお持ちの人ばかりでもないでしょう。

中には嫌いな人もいるかも。

あるいは全く興味がないという人もいるでしょう。

 

 

しかし、彼らもれっきとした市民です。

鶴山公園が嫌いだなんて津山市民として許せん!…などと言った非国民ならぬ、非市民的扱いには納得できません。

個人的には私も好きな場所です。

けれど嫌いだって言う人を否定しても仕方ないでしょってこと。

 

 

好きも嫌いも個人の自由。

あくまでも自由なのです。

自由は保障されるべきです!

 

 

上記エントリーを書いた時点では…1,200万円程度なら、人口10万人と考えれば市民一人当たり120円負担すれば無料化なんて実現できるじゃんと考えていました。

鶴山公園税”みたいな名目でお願いすれば、皆協力してくれるだろ…ぶっちゃけ、そう考えていました。

 

 

今は違います。

自治体(公権力)がココは良いところだろ?みんな好きだろ?だから協力しろよ?と押し付けるのには違和感があります。

 

 

そこで目をつけたのが入湯税

入湯税は宿泊、日帰りを問わず乳頭入湯した方が支払う地方税です。

1人1回の入浴につき概ね150円を支払う仕組みです。

 

 

何回も入浴する温泉好きな人は、その分多く支払っていますし…温泉に入らない人は一切支払わないということです。

酒やたばこと同じ。

酒税もたばこ税も飲酒、喫煙する者が支払うわけです。

 

 

文化財保護も同じようにすれば良いんじゃない?

興味がないなら保護にお金を使う必要はナシ。

だが、働かざる者食うべからず。

支払わざる者、利用するべからず。

保護したいなら、金払えや。

 

 

無料化はやはり好ましくないか。

単発で行えば集客効果はあるでしょう。

しかし当然、維持管理にはコストが掛かります。

 

 

例えば…津山市民なら1度有料で入場したら、何度か無料で入れる仕組みを整える。

入場回数に応じて、無料入場回数も増やす。

やり方はいくらでもあります。

 

 

鏡野町では入浴手形というものがあり、住民なら半額で町有民営(指定管理)の温泉を利用できます。

ただし、日曜日や盆正月などは使用できません。

土曜日はOKってのが良いですよね。

 

 

半額は町が補助。

補助ナシでは厳しいのだろうね。

結局は大好きなお金を払えよ、君の望みを叶えるためには必要なのだからってことです。

 

 

本日はこんなところで。

また明日!

コメント