【LGBT】津山市長選挙での暴挙再び。ゲイの人に何聞きたい?

未来拓く、みうらひらくです。
褌不要の相撲取り、みうらひらくです。

覚えている人もおいででしょうか…先々月の2月11日投開票だった津山市長選挙。その際に当ブログにて行った2人の市長候補への質問を公募し、双方にぶつけるという私の暴挙を。

これが津山市長候補者2人!少しでもマシな男を選ぶ選挙は明日。

2018.02.10

結果は、限りなく怠慢に近いスルー。もちろん怒りの感情もありましたが、やっぱりなという諦めにも似た思い、そして自分自身の不甲斐なさ・力不足を痛感した結果でありました。

やりたかったことと、やれたこと。そしてやっていきたいこと。

2018.02.11

ただ、やり方は間違っていなかったと思うし…可能性を感じられたのも事実です。皆の声を集めること…そしてそれを当事者にぶつけ、当事者自身の言葉で回答してもらうことは、それぞれが判断する上で根拠とすべき正しい知識を持ってもらうために、非常に有効な手段であると考えています。ってなわけで今回、GWに開催する予定とさせていただいております講演会に際し、津山市長選挙時に用いた手法を再度試してみる次第です。

講師である男性同性愛者(ゲイ)の当事者、竹内清文さんのご厚意により可能になりました。

つまり、今回はスルーなど有り得ないッ!

確実に回答がいただけます!

ただしッ!

超、当然のことながら最低限のルールは設けさせていただきます。一般常識をお持ちの方なら、言われなくてもわかっているであろう話です。

誹謗中傷の類は問題外です。これは市長選挙の際も同様でしたが、プライバシーなどをある程度犠牲にしている当事者であり、対等な相手である人間に対し、敬意を持って接すべきは当然のことですからね。

その他、明らかに公序良俗に反すると認められる内容や、本講演会の趣旨に相応しくないと認められるものについて内容を改変あるいは質問そのものを取り上げないという可能性もあります。そこに関してはみうらひらくフィルターが介在し、しっかりと俺の主観により判断される予定です。また、場合によっては竹内さんご自身の主観により判断されることも有り得ます。その場合は私が経緯説明を求めます。竹内さんとご相談させていただいた上で、公開できる内容だと判断した場合には発表させていただきます。

質問の類、および回答は当日会場で発表するのか…ブログ上で先行配信するか、その辺り実は未だ詰めきれていないところですが、とりあえず本日は告知ということです。

ゲイの講話者に、聞いてみたいことある?話を聞きに集ってくださる方々や、質問をぶつけたいと思っておられる方々から聞こえてくる声は…たとえ興味本位であったとしても決して無視できないものですし、理解をしていただくためにはそういう人たちの率直な疑問や思いに向き合っていくことこそが重要ではないかと私は考えております。

一般的には極めてセンシティブな話題とされるLGBTというテーマを扱うにもかかわらず、今回は非常に有難いことに竹内さんにその思いをご理解いただいた上で、お話いただく予定になっております。難しく考えずに、率直な思いをぶつけていただければ結構です。

おカタい会にする積もりは皆無ですYO!

面白い会にするためにも是非、ご意見お寄せください。肯定的な意見でなくても大歓迎。現実の、実際の思いをぶつけていただければと思います。もちろん会場でも質疑応答の時間は設ける予定ですが、事前にお寄せいただければ、質問者様のプライバシーも守られます。

お気軽にどうぞ。

メールでのご質問はこちらから。

それでは本日はこんなところで。また明日!

コメント