ひらくマドットコム

未来を切り拓く…そのために。

ひらく丸の船出

平成27年4月26日投開票の津山市議会議員選挙に挑戦したみうらひらく。定数28に対し32人が立候補した選挙戦の末…858票を頂戴しながら29番目、次点に終わってしまいました。

生まれ育ったこの津山を元気にしたい…その思いは今も変わりません。出馬に際し、抱いていた気持ち…その先に見据えていた理想が何ら実現されていない以上、このまま引き下がる訳にはいかないのです。

選挙を終え、皆さまから多くのお言葉を頂戴いたしました。次また頑張ろうと鼓舞してくれる人、よく頑張ったと慰めてくれる人、これから一体どうするんだと心配してくれる人。有難いことです…本当に感謝いたしております。

自分には足りないところが多過ぎる…まだまだ力が足りないのを実感しています。貪欲さ、がむしゃらさ…若さを武器にしておきながら、それすら足りなかった。何が何でも勝ちにいく意志すらも。選挙に挑む以上、結果を出さなければどんなに素晴らしい考えの持ち主でも、負け犬になってしまう。もう負けられない、もう負けません。

負けたことで離れていってしまう人もいれば、意外なことに近寄ってきてくれる人もいる。今後は少しでも多くの人と出会い、刺激を受け、勉強させていただきながら…力をつけていくつもりです。お気軽にお声掛けいただけると幸いです。選挙期間中も、やる気と元気では誰にも負けないと言っていた自分です。しっかりと行動で示し…そして結果に繋げていきます。

反省材料は山積しています。けれども目指していた方向・伝えたかった思い自体に、魅力が足りなかったために負けたとは微塵も感じていません。皆さんに届ける力が足りなかった、自分にそれだけの実行力・実現力があると思っていただけなかった…だからこそ勝てなかった。

落選はみうらひらくの力不足が招いた結果です。自分の中にある譲れない部分、ぶれない部分をこれからも大切にしつつ…引き算ではなく足し算、掛け算を繰り返しながら進んでいきます。勝てる男に、圧倒的に勝てる男になるために。

皆さまにお願いいたします。どうか共に戦ってください…力を貸してください。新しい風を起こすために。その風をより大きな、より影響力の強いものとするために…皆さま方お一人お一人のお力を、みうらひらくに貸してやってください。このまちを、誰もが住みやすさを感じるようなまちにするために。皆さまのお考えやご意見、思いや願いをみうらひらくに届けてやってください。このまちを、誰もが住み続けたいと思えるようなまちにするために。

つやまの未来を切り拓く…そのために。みうらひらくと一緒に、始めましょう。

三浦 拓

ひらくマサポーターズご入会はこちら