政治もハゲも普通はアンタッチャブル??タブーなき挑戦の果てを、君も一緒に観に行こう!!

未来拓く、みうらひらくです。

ラーメン、つけ麺、僕ハゲメン!!

これはさすがにキツいか。

ハゲについて語ることに熱くなり過ぎたがために、一昨日のエントリーでも普通に使ってしまっていたのですが…ハゲメンって言葉があるらしいです。

二日続けてハゲハゲ書いていると…「政治もキツいけど…ハゲも話題としてキツいぞ!!」と叱っていただけました。

その方の髪の状態はトップシークレッ…。

宇多田ヒカルに”Can You Keep A Secret?”という名曲があります。

この曲からもわかるように、秘密を守ることは簡単ではありません

しかし一旦ヅラを被ってしまうと、なかなか「実はハゲてんだよね!」とは言い出せないものです(きっと)。

たとえそれが痛ましいほどにバレバレであったとしてもなッ!!

選択肢の増加を訴え続けている私としては、本人がそれで良いなら全然アリですけどね。

ただ、テクノロジーは驚異的な速度で進歩し続けている昨今。

被り物ワールドだけは数十年前からあまり変わらないってのも…ある意味凄いことだなぁと感じます。

ディープなヅラの世界を知らないだけかも知れませんが…。

あ…私自身は今のところまだ、自毛で頑張っておりますYO!!

い、今のところ…はなッ!!

ハゲと政治は本当に似ている!!

どちらもタブーとされる話題の一つ。

そりゃハゲ散らかしている方の眼前では…”ハゲ”だの”まぶしい”だの”薄い”だのといったキーワードを出しづらいのは当然かもしれぬ。

だからこそ、ご本人…当事者が声を上げるべきなのです。

ハゲ本人がなッ!!

ハゲ問題解決を願うなら、自らの思いを積極的に吐露していくなのべきです。

悶々としていたら…ストレスで余計毛が抜けるだろ。

確実なことが一つ。

ハゲていないsideには、ハゲているsideの気持ちは理解できぬッ!!

ga-nnuizutarai

当事者でない者には、当事者の気持ちを100パーセント理解することなど不可能!!

だからこそ、少しでも理解してもらうために情報発信していくことが肝要なのです。

全く同じことが政治にも言えます。

政治の世界に半分(?)足を踏み入れて、毎日のように政治に関わる内容をブログで書いている人間と…特に政治に興味を抱くこともなく生活している人、あるいは完全に政治家として活動している人。

それぞれの立ち位置(ポジション)で、政治問題に関しての当事者性は大いに変わってきます。

当然ながら政治家>似非ブロガー>興味ない人…の順で政治に対する”意識としての当事者性”は変わってくるわけです。

しかし、本来は政治に対する当事者性は誰にとっても等しくあるべきです!!

現状は…政治家自身が政治のことを発信していないことによる政治への誤解と不信の増大、それによる政治離れと政治家嫌いが進んでしまっている状況。

政界にもハゲの世界と同じことが起きているのです。

政界のハゲの責任は重いぞコリャ。

hage

「朝には四本足、昼には二本足、夕方には三本足となる生き物は何?」

あまりにも有名なギリシャ神話のスフィンクスの”なぞなぞ”です。

人間はやはり、歳を重ねていくと最後には生まれた時の姿へと戻っていくものかもしれません。

生まれた頃のように顔面の半分以上がおでこになってしまう日も、そう遠くないのかも…。

それまでは…いや、そうなってからでも戦い続けますYO!!

政治の諸問題もハゲ問題も…その解決を目指すのは、社会全体の幸福度を上げるための手段です。

目的達成のためには、前衛的な手段も用いつつ…あくまでもバカ正直に真っ直ぐしっかり、やることやって結果を出し続けていくのみです!!

ハゲ問題解決のための、目指す結果はわかりやすいんだけどね☆

それではまた明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント