出会いがない?時間がない?仕事がない?じゃあつくれ!!伝説のナンパ師に学ぶ成功術。

未来拓く、みうらひらくです。

nainainai

ないないないない、うっせーYO!!

そう、全ては本人のやる気次第…可能性なんてものは他人に決められるものではなく、自分自身で決めるもの!!

あきらめたら、そこで試合終了ですよ…という超有名セリフを引くまでもなく、結局は自分の心と戦っているものです。

しかし一人で生きているわけではない以上…他者との関わりにも気を使わざるを得ないのは当然。

うん、当然なんだけど…そのバランスの取り方が微妙に思われる人もいるのも事実。

調和が取れていると感じる状態がそれぞれ違うわけですから、仕方ないとも言えますよね。

そういう時はその違いを楽しむくらいの余裕を持って、生きていこうじゃありませんか!!

そこで逆に(?)どこかで聞いたことがあるような決まり文句を、いくつかご紹介しましょう。

「ぜっ、絶対誰にも言っちゃダメなんだからねっ!!」

フリか?フリなのか?言って欲しいんだよな?

 

「友達の話なんだけどさ。」

その友達ってのは、どこのどいつやねん!?

「風の噂で聞いたんだけど〜。」

風と話せるんですね、わかります。

IMG_1431

人生いろいろ…。

…バリエーションは無数にありますよね、この手の導入って。

気付けば自分自身も、似たようなこと言っていたりするわけだがな。

zuko

さて、本日は”絶対に誰にも言ってはいけない友達から聞いた風の噂”について。

昔々あるところに一人の男がいました。

むしろor男闘呼と表記したいところですが…まぁ仮に”彼”と呼びましょう。

彼は名うてのナンパ師

その腕前は、無免許時代に自転車に乗ってかないかとナンパするほどのプログレっぷりだったとか。

ナンパにおいて…何を持って”結果を出した”とするかは人によりけりでしょう。

しかし、成果が全て(?)の真剣勝負の世界において、彼は結果を出し続けた。

そんな彼が言っていたらしい秘密のお話を、当ブログ読者だけに大公開ッ!!

DSCN6675

彼は言った。

最も大切なことを一言で表すと…”つくる”ってことだ、と。

つくる。

多くの意味があるので、リンク先のgoo辞書あたりをご参考に。

浅いんだか深いんだか…どうとでも取れます

まるで政治家の言葉のようだ。

ナンパと政治も似ているという、新たな学説誕生か?

話をつくる”…なんて言うように、嘘をつくことすら正当化してしまう気もしますが…まぁ実際ナンパなんてものは嘘ばっか並べるものだしな。

政治はそれじゃマズいけど…現実は”嘘”のオンパレードだったりするわけだがなッ!!

ikari

目的達成のためにはあらゆる手段が正当化される、というのは暴論です。

しかしながら…リスクの伴う手段を選ぶ”バランス”を上手に保てないようでは、現実に成果を上げることはどんな世界でも難しい。

もっと言えば、結果を出せない以上は”負け犬の遠吠え”。

石橋を叩いても渡らないような姿勢で臨んでいては、少なくともナンパは成功しないでしょう。

慎重を期すことは…正直なところ、私自身に欠けている要素だと自認しています。

ある程度は必要だと感じています。

しかし、まず声を掛けないとナンパは始まらないのだッ!!

appare

”ナンパ”っていう言葉はイメージが悪いかもしれません(今さら…)。

けれども一期一会の精神のもと…限られた短い時間、その瞬間に自身のスキルを詰め込んで結果を導き出すというのは凄いことです!!

人の心を短時間で捕らえる捉えることができるその技術…それはあらゆるジャンルに通用する処世術だと言えるのではないでしょうか。

危うい状態も凌ぎつつ…それでも目的達成という結果にこだわるナンパ師の姿勢は、ある意味では政治家にも見習うべきところがあるはず!!

嘘吐くとこばっか見習っちゃイカンがな。

それではまた明日!!

 

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント