人生なんて100年程度。良いことも悪いこともあっと言う間の夢花火…と38歳が言ってみる。

未来拓く、みうらひらくです。

本日は私の勤務地である、鏡野町という人口13,000人強のまちの大納涼祭でした。

町の総人口より来場者数の方が多いと思うんだよね…マジで。

アイキャッチ画像は今年の画像ではありませんが、こんなに素敵なイメージなのですよ!!

今年ご来場し損ねた方は、来年の予定に今から入れとけ!!

maru

 

午後から天候が崩れ、一時期は大雨洪水警報が発令されるなど…大丈夫なのコレって状態でしたが、無事にファイナーレの花火大会まで終了!!

これも俺の普段の行いが良いからだな!!

IMG_1544

いやいやいや…。

行いが良いのは私でないことは確かですが…とにかく無事に終了して良かった。

全然大した仕事していないけど…。

鏡野町のマスコットキャラクター、みずりん&おゆりんのウチワを配りまくっていただけ!!

かつての客引きテクニックが役立ったというものです。

政治家はウチワを配るのもダメで大変じゃのぅ。

DSC03893

もらい損ねちゃった…って方も大丈夫!!

来週も再来週も鏡野町では夏祭りがあるので、その会場で手に入れられるかも知れませんぞ。

鏡野町は岡山県最北部、岡山市や倉敷市に行くよりも…鳥取県の大きな街に出る方が早いんじゃないのってエリアに位置します。

町の総面積の80%以上が山林。

だから海の日にも山に登っちゃうんだよ、私も。

そういえば今度…山の日とかいう、鏡野町のためのような日があるな。

いっちょ登っとくか…??

それはともかく、帰り道がめっちゃ混んでいて…日付変更前に帰れるかどうか怪しかったのですが、帰宅は23時20分頃でした。

予想は出来ていたことです。

だって道が一本しかないからな。

しかもこんな道…。

DSC_1087

私が中高生の頃は、花火大会と言えば一大イベントでした。

田舎では数少ない、特別感が味わえる催事として…女の子を誘うにはコレ以上ない日だったものです。

ぶっちゃけ、良い思い出はあまりないけどなッ!!

夏って季節自体そんなに得意ではない…というか、暑いのが苦手な私にとって、花火大会はある意味、無理する日でした。

う〜ん

無理せざるを得ない場面は、生きてりゃ何度も出てくる。

自分のような”ええかっこしい”は、むしろ無理しなきゃ生きていけない。

世の中には、無理しない方が良いよ的なアドバイスも溢れていますが、私からすればハァ!?って感じです。

もちろん、無理し過ぎることは心身に負担が掛かりますので…何事にも限度があります。

しかし、これからも無理しながら生きていこうと考えている今日この頃なのです!!

hazukasi

無理できなくなったら、その時はその時だな…と。

本日は、日記のような雑談になってしまいましたが…こんなところで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント