KAGAMINO WHITE爆誕報告。設置場所を大募集中!!

未来拓く、みうらひらくです。

唐突な質問だが、冬のイメージカラーって何??

俺は白。

白銀的な…要するに雪の色

ま、ある物事に抱くイメージカラーなんて人それぞれだよね。

慶事なら赤と白、弔事には黒と白みたいな既成概念はあるだろうけど。
色はとっても大事。

色覚に異常を抱えている身でも、そう思う。

昔からそうした違和感を人一倍感じてきたからこそ、感覚は過敏になっているのかもしれない。

しかし色のない世界を想像できるなら、果たしている役割の大きさに思い至るはず。

モノクロ、モノトーンの格好良さってのを否定するつもりは一切ない。

ただそれも、世界がカラフルに彩られているからこそ生きてくるという側面はあるでしょう。

何かの車のキャッチコピーで”格別な白か、別格の黒か”ってのがあって、好きでしたわ。

昨日のエントリーでも、チラシやパンフレットの話に少し触れましたが…鏡野町の冬の魅力を詰め込んだパンフレット《KAGAMINO WHITE》が完成いたしました。

秋に制作した《KAGAMINO RED》に続く、季刊パンフレットの冬バージョン。

近隣に類を見ない規模で開催する5,000発の雪中花火とレーザーショーが人気の氷紋まつり。

自然の美しさと険しさの共存を圧倒的存在感の中で味わえる氷瀑・岩井滝を体験できる特別プランなど…岡山県内でも最も降雪量が多い地域の一つである、鏡野町ならではの魅力を詰め込んだ内容です。

まず手に取ってもらえるものでないと始まらない。

どれだけ良い内容が詰まったパンフレットであっても、そうだと思うのです。

そうした思いから、表紙部分のインパクトにはこだわっています。

前回は赤というパンチの効いた色だったために、存在感を出すことが比較的容易でした。

今回はどうだろう…白銀を印刷するのはハードルが高いため、色味からして小手先で勝負してしまった印象が残るのも正直なところですが。

掲載情報など内容面を含め…お手に取っていただいた上で、率直なご意見をいただければ嬉しいです!!


鏡野町内各所や近隣自治体はもとより…岡山県外でも観光関連施設の窓口、大型SCなどにおいて入手可能です。

入手可能先リストはこちら…って貼ろうと思ったけど、そういう準備ができていない。

頭に無かった…今の今まで。

ヤバし!!

これは用意せねばならん。

とりあえず、興味がある方は直接ご連絡ください。

そしてもう一つ、お願いしたいことがあります。


自薦他薦を問いませんが、この《KAGAMINO WHITE》を設置させていただける場所を探しております。

既存の場所の公開以前にお願いするのも何ですが…ココどうかな??みたいな情報があれば是非、アドバイスいただきたいです。

既に近隣エリアには発送済みですし、前回の《KAGAMINO RED》が置いてあるところには基本的に設置していただく予定。

しかしまだまだ新規開拓していく積もりです。

鏡野町をPRしていくために、どういった場所にこうした紙媒体を設置するのが効果的なのか??

お力&お知恵を貸していただけると幸いです!!

昨日のチラシと並べてみると…。

くっ…まだまだやな。

この絵のインパクトは結構スゴいわ。

アホには勝てんといったところか。

アホらしさよりもデザイン的カッコ良さを優先してしまうのが正解かどうかは不明だが…今回のデザインなら設置場所の幅は広がるのではと思わなくもない。

オサレ系のカフェとか美容室とか、そっち系にも置けるんじゃね??

何にしろ当然、100%俺の作りたいものを作れるわけじゃないけど…次回作はさらに頑張りますYO!!

やりたい放題はまた別の機会に。

それでは本日はこんなところで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント