プレミアムフライデーって何?それ美味しいの?お味はいか〜が♪

未来拓く、みうらひらくです。

 

始まりましたね、プレミアムフライデー。

昨日になっても「へ…何それ?」って人はきっといたハズ。

そして内容を理解しても「何だそりゃ!」って人もいるだろう。

 

 

恐ろしいほど、いやむしろ清々しいほど安直だ。

プレミアムフライデーの黒子が語る

良いんですけどね…結果として良いことになれば。

しかしまぁブラックユーモアかと。

全然プレミアムじゃないプレミアムフライデーを過ごした身としては、愚痴の一つもこぼしたくなるのだ。

 

 

突っ込まれている事業費は2億円

税金2億使ってまでやることかねとは思う。

より満足度の高いライフスタイルへの変革コミュニティ機能の強化、そして消費の拡大。

政府に言われてやることじゃなくね?と感じるのも正直なところ。

 

 

その2億円の使い道、プロポーザルでもして決めた方が良いんじゃないの??

選ぶ側にも民間人入れまくってさ。

経産省の担当者も思いっきり言ってんじゃん…自分らは黒子で、主役はアイデアを出している事業者・自治体の人だって。

それなら本気で黒子に徹すれば良いだけ。

 

 

つか、中途半端なんだよな。

本気ならいっそ、休日にしちゃえば良いのにってなりません??

想像力が足りなくないか。

月末の金曜なんて…放っておいても出かける人は普通に出かけます。

 

 

せめて他の日にしたら良いんじゃないの、月曜とか。

月曜が半ドンに近い感じで早上がりできるなら、日曜日もしっかり遊べるよね〜って向きは出てくるだろうし。

結果として上記のような効果を狙うのに、その日だけで何とか大きな効果をと考える方が無理ゲー。

 

 

フライデー午後どころかサタデーもサンデーも仕事な私たちには関係ない、神々の遊びに思われて仕方ないわけだが、まぁやるからには…ね?

確かに週休二日制も、最初はブヒブヒ言う人の方が多かったんだろうな〜とも思えるし…文句ばっか言ってても仕方ないわけで。

良い感じのものに仕上げていくために、こうすりゃ良いじゃん的な声を…田舎からでも上げていけたらとは思います。

それでも場合によっては、止める勇気も必要かもしれませんけどねぇ。

 

 

この報道の最後のくだりでクスリとしそうになったので、今日のところはこれくらいにしとくかな。

政府、早期退庁促す=閣僚は座禅や食事に-プレミアムフライデー

ではでは皆さま…プレミアムな週末を。

また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント