岡山脱出?必要なら応援する!明日も今しかできないことしよう。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、このところ”コロナ禍”という言葉が今までの中で最も身近に感じられるほどに、感染者が連日発生している津山市ですが…本日と昨日は新規感染者が確認されませんでした。

感染者の有無について一喜一憂することには、もはやあまり意味がないということ…常々言ってきている通りですが、言うまでもなく感染者は少ない方がベターです。

津山市では13日まで不急の外出の自粛や多人数での会食・集会の自粛をお願いしているところ。これはすでに説明させていただいたように…このところ間違いなく緩んできている方が増えてきていた感染予防・感染拡大防止への意識を高めていただくための苦渋の決断、苦肉の策でした。

津山市の意向を市議会議員が勝手に代弁!3つの自粛要請の真意。

2020-11-01

動画内でも述べているように…不急の外出がダメって言ってるだけで…不急じゃない場合はそれを制限するような意図はないわけですからね!

東京だろうが北海道だろうが沖縄だろうがアメリカだろうが、必要なら俺は行く…と宣言していたわけです。

そんなわけで今日は空路で岡山脱出。

そしてメチャクチャ良い勉強して良い出会いもありました。

結局ほとんど睡眠が取れない中での強行軍で少々疲れてしまったので…申し訳ありませんが詳細については後日改めて報告します。久しぶりの飛行機…富士山を見ようと思っていたのに寝たけど、キウイジュースは飲みました。

自粛の要請が出ていようと必要な移動はすれば良いし、その時にしかできないことはしなくちゃならない。

基本的には全て、自分自身の判断です。

誰かのせいにして生きるのは楽かもしれないけど…やっぱり楽しくなくない?

本日は超絶簡潔ながらこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント