全ての権力は”絶対に”腐敗する…そう、あなたのチェックがなければね!!の巻 part2。

未来拓く、みうらひらくです。

part 1はこちら。

別に続きを書くつもりもなかったけど…昨日の今日で舛添東京都知事の会見があの内容ではね。

舛添要一東京都知事会見詳報

当ブログ、なるべく個人に対する直接批判的内容は書かない方向でやっている積もりです。

しかしさすがに、今日の都知事の苦し過ぎる言い訳の連続には閉口しました。

多くの方々が言われているように、まず認めるべき”事実”をハッキリと認めるべきでしょう。

職務を続ける続けないの判断はその後。

起こってしまった事実をミスで片付けたり、確認できなかったなどと開き直ってみたり…都知事を含めて誰一人として”得”をする人物がいないのでは?…と感じてしまうような会見内容には首を傾げざるを得ませんでした。

wakannnai

今更折れたり、この程度で辞任とかするような方でないことは…想像ついていましたけどね。

鋼鉄のメンタルを持つ舛添氏。自由奔放なのは、学歴・経歴、さらには結婚歴まで

昔から失言が目立つ舛添都知事。女性蔑視に上から目線… 明日はどんな迷言が?

…まぁ、リンク先を読んでいただければ自明ですが、なかなかぶっ飛んでいる方なのは有名というか、ご本人も自覚されていることだと思います。

それでも、この方が2年前の選挙で2位候補にダブルスコア以上の差で圧勝した結果として…徳洲会グループからの資金提供問題で辞任した猪瀬前知事の後を受け、都民の期待を受けて東京都知事に就任したことは動かぬ事実。

東京都、ヤヴァイ。

5年で4度目の都知事選なら、総額200億円。 舛添知事を追い詰める家族旅行問題

atamaban

昨日のエントリーに書いた通り、人は誘惑に負けるものです。

それは政治家であれ誰であれ、同じこと。

ただ、政治家は報酬が税金ベースであることはもちろん…その職務内容に鑑みても、その他の職業に就いている人々に対してよりも厳しい目で、より多くの人にチェックされることは当然だと言えるでしょう。

私自身、昨日書いたように…誰にも文句を言われないような王様的立場になったら…自律とか自制などといった言葉の意味など、忘れてしまうかもしれません。

ですが政治家はもちろん王様ではありませんし、誰にも文句を言われないような立場でもありません。

そんなことは都知事も”絶対に”理解しているはず!!

それでも腐敗しちゃう。

名実ともに日本の中心地である東京都のトップ。

舛添さんご自身の言葉を借りればトップリーダーか。

頭に”超”がつくほどの優秀な方が就く”はず”であり、就く”べき”ポストだと言えるでしょう。

現実に歴代知事がどうだったかはさておき。

舛添さんや猪瀬さんほどのビッグネームでは、政治家の一例としては少々身近ではないかもしれませんね。

残念ながら世の中にそれこそ掃いて捨てるほどいる”腐敗した政治家”も、本当はバカじゃない”はず”なのです!!


onaraきっと、ね。

中には根っからの愚か者もいるのかもしれませんがね。

政治資金規正法違反や公職選挙法違反の報道が何度もニュースに取り上げられ、政治離れや政治不信を自分たちの手でよりいっそう加速させていっている政治家たち。

ドMであることには疑いの余地もありません。

が、しかし。

それすらも計算した上で、自己犠牲の精神でお仲間たちの既得権益を守ろうとしているのかもしれませんな。

もはや、そのくらいしか理由を思い付きません。

権力を手にすると何故、人は腐敗してしまうのか?

理由を考えるよりも、権力を暴走させないことが大切です。

そのためにはやはり、有権者が政治に興味を持ち…政治家たちが不正を働かぬようチェックしていくしかないでしょう。

実は会社等でもやっていることですから。

ま、そんなところでまた明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント