熱きメンバー&スポンサー募集!!魂を乗せて走る、俺たちのロマンについて。

未来拓く、みうらひらくです。

さて、突然だがこの熱い競技を君は知っているか!?

いす-1GP

”イスワングランプリ”と読みます。

狂気のスポーツ(?)大会、いす-1GPとはッ!?

以下、公式ホームページの説明より引用。

いす-1GPとは、日本事務いすレース協会(JORA)が主催する、2時間の間に事務いすを使ってコースを何週走れるかを競う耐久レースです。
途中で、タイヤがとれたり、背もたれも壊れたり、最後にはタイヤの足の根元から折れてたりしてしまうほどの過酷なレースです。

狂気でも狂喜でも侠気でも、何なら凶器でも良い感じですよ。

ある意味それくらい恐ろしくも面白い、そんな魅力を感じさせてくれる(一部の者にはなッ!!)一大イベント…です。

京都府京田辺市発症発祥らしいこのアホらしいエキサイティングな競技。

明日…岡山県倉敷市水島にて、今シーズン第2戦となる魂のぶつかり合いが開催されます!!

utage

いや、ほんと宴。

昨年の岡山大会をまとめてくださっている記事、F1に負けずとも劣らない(?)会場の熱気と興奮が伝わってくるようです!!

「いすが壊れるか、己が壊れるか」事務用いすでの耐久レース「いす-1GP岡山大会」を見てきました

読んでもらえればご理解いただけますが、もう一つの2時間耐久イベントもメチャ熱いです(コレも一部の人にとってだがなッ!!)…観戦するだけでも盛り上がること間違いナシ!!

いや、私は行きませんけども。

zuko

だって…出たかったんだもんヨォォォオゥゥ!!

ただの観戦者として見物するのではなく、挑戦者として挑むためにその場に赴きたいのだッ!!

つーか、今回の水島大会…実は出場しようって話が水面下で進んでいたのです。

Facebook経由で突然、一切存じ上げない謎の男性からお誘いメッセージが来たのが4月某日。

いす-1GPへの参加は、3人1組での応募が条件です。

何故か自分を誘ってくれた時点で、まぁ変わり者だと思いますが…2人とも強烈な男達でした。

男より…””と書いた方が良い猛者だもだった。

いや…むしろ”男闘呼”と書くべき同志だった。

そんな愉快な仲間達でしたが、結局自主トレという名のイメトレすら行わぬまま…。

エントリー直前に、高度に政治的な大人の事情により、不参加を余儀なくされました。

津山事務椅子クラブ…とかいう名前も出会って2秒くらいで結合結論出して、やる気は満ち満ちていたのですが、残念!!

ただ、津山事務椅子クラブは永遠に不滅です!!

yahho

ってなわけで、来年こそは出ようと思うのだYO!!

同じアホなら踊らにゃ損損です!!

一緒に同じ夢を見ようぜ。

やる気のあるメンバー、募集します!!

むしろ開催しちゃうって方向性も良いよね…そっちも探っていますけど。

例によって妄想だけど、色々と計画は練っていました。

マシン(事務椅子)の改造は禁止だけど、デコるのは自由だったはずなので…スポンサーも今から募集しときます!!

目立たなきゃ参加する意義も少ない。

だから自分はスーツで挑む手もあると考えていました…そんなアホはさすがに少ないだろうと思いまして。

そもそもアホしか出ない、って声も聞こえてきたけど。

aho

ってなわけで…戦闘服やマシン(椅子)にお名前を入れたい企業の方、団体の方、お気軽にご連絡ください!!

個人でも良いですよ。

何だったらチーム名も売りますよ。

別にnaming rights売っちゃダメって規定はなかったはずだし。

細かいとこ見てないけど。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!!

商店街を活性化させるというコンセプトを超えて、海外大会まで開催されているいす-1GP

素晴らしい取り組みだと思います。

それではまた明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント