みんなちがって、みんないい…わけねーだろって話。

未来拓く、みうらひらくです。

思い込みって怖いですよねぇ。

人生で思い込みによる失敗がない人なんていないと思う。

…というのも、思い込みだな。

hazukasi

当たり前だと思い込んでいること、既成概念も疑ってかかるべし…的な主張を、当ブログでは何度もカマしております。

先入観を捨てて、物事を判断してみることが大切ってこと。

ブログに書いたり口で言うのは簡単だけど、実際にはなかなか出来ることじゃない。

humuhumu

無礼者が嫌い。

多分これは父親の影響が大きいのだろうと勝手に思っていますが…礼儀がなっていない者は、人として気に入らない。

コレも立派な既成概念だよね。

しかも重要なのは、たとえば礼儀の定義だって…人によって実は意外に違うということ。

挨拶するべしとか、目上の人を敬うべきなんてことは、それこそ結構ベタな話だけど…。

例えば、初対面でも全く敬語を使わない人なんかもいる。

それはそれで自由なんだけどね。

う〜ん

明らかな年長者は別に良いやって思うけど…明らかな年少者だと、何コイツって感じてしまうのも正直なところ。

別に年取ってるだけで偉いとは思わないけど、そう感じるのも事実なのです。

まぁ無礼者の例を出しても、話した方も聞いた方も不快になるだけで誰も得しないので…これ以上あえて出したりはしないが、やっぱり無礼者は損をするだろうな。

くたばれ既成概念、をスローガンに掲げ…様々な活動のベースにしている私ですが、礼儀がなっていない奴もくたばれって思っちゃうってことですわ。

sirannyo

無礼と生意気は、似て非なるものだと思うのです。

面と向かって、言いたいことを正直にぶつけてくるタイプ

そういう相手は嫌いじゃない。

むしろ結構好き。

ハッキリ言って敬語とかも、どーでも良くなる。

そういう…何というか気持ちのいい相手であれば、細かいことでは無礼と感じなくなるってこと。

無礼な奴ってのは、正々堂々とはしていないのですよ。

つーか、正々堂々としていない奴が無礼なのですよ!!

batsu

…というのが私の個人的な見解であります。

生意気な自分を自己肯定しただけという噂もありますが。

このように、無礼と感じること一つとったって…個人の中というか、私の中ですら矛盾が内包されているものです。

人間なんて矛盾だらけ。

itatatata

そこも含めて、いろんな人がいることを知っておかねばならない。

受け容れ難い人や、理解できない考え方も存在する。

それは当然です。

みんなちがって、みんないい。

それは確かに一つの理想かもしれない。

前半部分には超同意。

みんな違うもんね。

でも、後半部分には賛同できん!!

ga-nnuizutarai

真の多様性の容認の実現のためにはッ!!

感じるがまま、あるがままをぶつけあって議論をすることも必要です。

認められないと感じるモノやコト、ヒト。

そういう対象があったって、いいんじゃないの。

認められないから排除しようってのは安直だけど、現実社会ではそういうことは起きまくっている。

スルースキルが足りないのよね…俺も。

zuko

結論。

みんなちがって、あたりまえ。

それを理解した上で、どう判断して行動するかは各人の自由ってこと。

自分自身を認められないようじゃ、他人を認めるなんてことはできないと思うYO!!

それでは本日はこんなところで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント