例えば津山市長が給料ゼロになったら?報酬10割カットは善か。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、今日は週末だってことを忘れていた上に…お気に入りのズボン(100円)の上に醤油をこぼしたことでショボンとしている私です。

毎回大好評、世界中に静かなブームを巻き起こしている”動くひらく”では、色々と案内したいことや語りたいことが目白押しなのです。このまま公開しないとお蔵入り確実なので、先日勢いで撮った3本目を今日は公開しとこう。

政務活動費の話から、議員・政治家の報酬についての私見などを語っております。政治家の給料カットなどのいわゆる”身を切る改革”は、わかりやすさもあり…もてはやされ勝ちです。

ただ…当然やることだよなとは思いつつも、違和感を覚えるのも正直なところです。

これは実際に議会に入る前から言ってきたことなので…古くから私のことを知ってくれている人ならば理解していただけると思います。

政治家はタダで働くのが理想だと思われますか?

動画で述べたように問題をすり替える奴がいるのも現実です。感情的意見以外の声が聞けたら嬉しいけど…これについてもぜひ、忌憚のないご意見をお寄せくださいませ。

簡潔ながら本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント