爆弾発言も。本気で変化を起こすためには?成長を続ける私たち。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

夕刻からの会合が延長戦になり…つい先刻帰ってきました。明日までに仕上げなくてはならない資料もあるし、チェックしなくてはならない資料もあってハードです。全部別の仕事だからやらざるを得ない。

今は産みの苦しみの段階。必要な痛みであり、目的を達成するためのプロセスだと捉えれば屁でもない…ことはないけど、屁みたいなものです。

議員になって1年以上が経ち…いわゆる1年生議員ではなくなったわけです。1年生は黙っとけ的なシーンも今まで議会の内外で何度かありましたが…もう2年生です。

2年生になると、それなりに色々とわかってきます。

いやいや2年生なんて…まだまだ発言も何も出来ないだろうし…って思う?

あなた、小学校を想像してない?冷静に考えてみてください。

小学生どころか…大きな子ども、中には孫もいるような人たちが集合した…全員がいい大人の集団、議会はそういう場所なのです。

いつまでも大人しくやっていると、私自身もすぐにGチャンになってしまう。

そして津山市には、時間的にも…財政的にも…ゆっくりと時間を掛けて様々な施策に取り組むことが出来るような余裕がないことは、新型コロナウイルス感染症が蔓延する前から明らかでした。

そこにさらに、このコロナ禍が起こってしまった。今まで以上にスピード感をもって動いていかねばならないのは当然です。

本日は夕刻からは、津山市にいませんでした…近隣の自治体へと足を伸ばしていました。明日までに仕上げなくてはならない資料は、ある意味では近隣どころか日本全国をターゲットにした取り組みに関するものです。

今後…今まで以上に、津山市の外に向かってのアプローチや、場合によっては津山市の外からの津山市に向けてのアプローチを行っていくことを、本日宣言しておきます!

それも結果的に全ては津山市のため、津山市に暮らす私たちの暮らしをより良くしていくことに繋がると信じての行動です。

ツヤマノミライを考えるとき、津山市のことにのみ取り組んでいくような狭い視座に立っていてはいけない…そうず〜っと言い続けてきましたし、そう主張した上で議員にならせていただきました。

ただ、議員となってからは私にしては大人し過ぎた…内部のことだけに注力し過ぎていた印象が、自分自身の中にはあります。

そろそろ本気出す…そんなダサいことを言うつもりはありません。

アタシャいつだって本気ですぜ!

ただ、1年前の私よりも、2年前の私よりも、もちろん昨日の私よりも…今の私は成長しているってだけの話なのです!

そして明日の私は当然、今日よりも成長しています。今日学んだこと、経験を明日に生かしていかなくては…今日を生きた意味がありません。満足したら終了です。

以前の自分には出来なかったことであっても、大事なことは決してあきらめません。

必ず成し遂げます!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント