とうとう年貢の納め時?ひらくマサポーターズの収支報告書を提出しに行ってきた《前編》

未来拓く、みうらひらくです。

みうらひらくの活動を応援し、会員相互の親睦を深め、この世界をより面白いものへと変革していくことを目的とするひらくマサポーターズ。

sapotarz

こんな団体ですが一応、政治団体に分類されます。

そしてすべての政治団体には、総務大臣or都道府県の選挙管理委員会への収支報告書の提出が、政治資金規正法により義務付けられています。

そもそも政治団体ってなんぞやという方は詳しくはこちら

要するに何らかの政治的な思いがあって継続的に活動する場合は、その団体は政治団体となるわけです。

個人の活動を支援する場合も同様です。

設立には規約などの準備を整えた上で、届出が必要。

DSCN6193

面倒でしたよ、実際。

もちろん、届け出ることなく政治活動を行うことも自由です。

逆に言えば政治団体として届け出なければ、収支報告書の提出義務もないわけです。

ただ当然、その場合は政治団体として認められなくなります。

団体の性格にもよりますし…どちらが良い悪いということは一概に言えないケースもあるでしょう。

結果として、私のように地盤・看板・カバン(組織力・知名度・資金力)無しの人間が政治団体を設立した上で選挙に臨む必要性は、それほどありませんでした。

ですが収支報告書を提出することには、透明性が確保されるという意味では自主的に公開すること以上の効果が期待されます。

各団体から提出された報告書は、官公庁により公開されますから、より多くの人の目に触れる可能性が高まります。

多くの人がチェックすることで不正の抑止力となり…政治家の質の向上に繋がることも期待できます。

jittomitumeru

私個人としては、いわゆる後援会的なものが必要なんだろうという極めて安易かつ浅薄な動機のもと、ひらくマサポーターズを設立しました。

たとえ面倒であっても、収支報告といった類のこと(つまりお金絡み)はクリアにしていくことが非常に大切だと考えておりますので、団体届出をしておいたことは正解だったと感じております。

興味ない人の方が多い話でしょうが…自分でも振り返れるメリットがあるしね。

さて、その収支報告書。

年貢の納め時つっても…実際にはすでに納めた年貢(?)というか、使ったお金を書き出して公表するだけなんですけども。

毎年1月1日〜12月31日までの収支を、翌年の3月末までにまとめて提出するというもの。

オンラインでもできる(これまた前もって登録手続きが必要という面倒臭さ)のですが、初めての経験なので、とりあえず一回紙ベースでやってみようと思い挑戦してみました!!

しかしコレ…今月提出しましたが、公開されるのは11月だとか。

えっと…遅過ぎやしないかい??

ナゼそんなに時間が掛かるのかと尋ねてみると、政治資金規正法に11月末までに公開するという規定(第20条)があり、全国どの都道府県でも11月末に公開するのが慣例となっているからとのこと。

ふ…ふーん、そっか。

実際に各団体ごとに3回以上チェックを繰り返されるとのことでしたが…それにしても時間掛かり過ぎじゃないのと感じてしまいました。

岡山県の選挙管理委員会に確認したところ、当ブログにおいて11月の公開に先んじてみずからの収支報告書を自主的に公開するのは”自己責任で勝手にやっちゃって構わない”とのことです。

DSCN6194

本日帰宅が遅過ぎたもので、内容を細かく書くのが間に合わない…申し訳ありません。

明日、大公開いたします!!

乞うご期待…するようなことでもないか。

でも、大切な話をいたしますYO!!

それでは本日はこの辺りで。

また明日。

4月19日19時《タウンミーティング津山》お申し込み等こちらから☆

ひらくマLINEスタンプ発売中!!ご購入はこちらから☆

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント