業界の健全な発展のために…悪事防止のチェック同様に大切な、あなたの使命のもう一つの横顔。

未来拓く、みうらひらくです。

まずインタビュー記事を一つご紹介。

政治はもっと自由でいい!貫きたい私だけのマイ・ストーリー

政治活動を始めたばかりで思いだけが先行し空回っていた頃(今もそうじゃねーのというツッコミはご勘弁!)に、色々と調べていた時期がありました。

政治とは縁遠い世界で生活していた私にとって…調べれば調べるほど良い意味でも悪い意味でも、驚くことばかりでした。

37

良い意味で驚いたことの一つは、つまんねー奴ばかりだろうと思い込んでいた政治家の中にも…素晴らしい活動をしている人たちが(当然ちゃ当然だけど)いらっしゃるということ。

その一人がリンク先記事でインタビューに応じている、小田理恵子川崎市議。

漫画に描くというユニークな手法で、政治や議会の問題点を”面白く”かつ”わかりやすく”えぐるスタイルは非常に興味深く、ひらくマを使っての政治活動を考えていた私には響きました。

4コマ漫画:ここが変だよ地方議会

hanasiwokike

 

どんな正論も耳を傾けてもらえないことには始まりません。

正しいことを言っていれば報われるというのは妄言です。

ブログも読んでもらえないことには、どれだけ良いことを書いていようが意味がない。

読者がいないと、伝えていないのと結局は同じこと。

だって届かないのだから。

情報発信の大切さは繰り返し綴ってきていますが…発信すること自体が目的というわけではありません。

発信した情報を受け取っていただき、考えていただき、行動するガッツを喚起していくことで初めて…結果を出すことへと繋がります。

ひらくマの存在も、一見ふざけているようなテーマを論ずることも…全てはキャッチーであろうとするがゆえなのです。

キッカケは”何これ??”で十分!!

専門的なことに興味を持った人間は、自分自身で学ぼうとします。

なぜならそれは自分自身が好きなこと、惹かれること、やりたいことだから。

政治を身近に感じてもらうためには、政治家をはじめとする政治への当事者意識が強い人間側が、情報を届けるための努力をしていくべきです。

どんな業界でも同じこと。

閉鎖的な世界に閉じこもっていては、その業界の飛躍的な進歩など望めるはずもありません。

新陳代謝を拒んで得られる変化は退化のみ

常に新しい状態を保つことは難しいようでいて、心の持ち方一つで可能です。

好奇心を忘れないこと。

それだけで新しいものに触れる機会は格段に増えます。

hatena

何コレ?

アレはどういう意味?

そうした疑問からスタートし、やがて問題を解決するために”どうしたら良いのか?”という現実的な方法を考えるようになれば良いのです。

始める理由は何だって良いはず!!

18歳選挙権の実現で、高校生を対象にした様々な主権者教育の形が報じられていますが、20歳以上であっても…政策を吟味して投票している人ばかりではないのが現実。

例えば顔が好みだとか嫌いだとか…そうした理由で投票する人間を選ぶのも自由なのです。

日本国憲法で保障された権利でもあるのですから。

DSC_1070

そうした導入部分となるキッカケとして、マンガは非常に有効だと思います。

後はやはり…時代に取り残されまくっている公職選挙法で縛られた”選挙”というイベントも、これからは動画でしょうか。

いずれにしろ、選択肢が増えること≒興味を持ってもらえる可能性が増えるということ。

小田市議もおっしゃっていますが、政治の世界にこそダイバーシティ(多様性)が必要なのです。

そして昨日触れたチェック機能同様、業界の発展にとって大切なのは…ズバリ良いニュースの共有!!

出てくる話が政治家のスキャンダルばかりでは…政治に興味持てって方が無理よねぇ。

それでは本日はこの辺りで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント