選挙の話をされるとイヤ〜な気持ちになる理由、ついに判明!!投票へ行こう≒マルチの勧誘説。

未来拓く、みうらひらくです。

マルチ商法やらネズミ講って言葉、聞いたことない人もいるかしら??

イイ話あるよ!!って甘言を弄し…言葉巧みに無限の世界に誘い込む。

大多数の方々は気付いているだろうけど…この世にイイ話など、存在しない。

欲に目がくらむとマズいYO!!

美味しそうに見える話があったとしても…一番最初にそれに触れられる機会など、ほぼ皆無と言って良いでしょう。

誰かから話が回ってきた時点で、最も美味である旬は過ぎていることを疑うべきなのです。

マルチに関わったことがある人なら、そのウザさは理解できるはず。

知らない人はラッキー、死ぬまで知らないで良いことだと思う。

どうしても気になるって人はリンク先参照。

「マルチ商法には気をつけろ」DMM亀山会長が説く、お金と人間関係のルール

関わらない方が幸せだろう…。

ま、超面倒。

何事に関しても…人に価値観を押し付けるようなやり方は面倒に感じられるものですよね。

正直うんざり!!…って人も多いでしょう。

上記リンク先でDMMの亀山会長も言及されていますが、よく言われることがあります。

マルチをやると、友達をなくすってこと。

甘い誘惑には気を付けましょ!!

理由は…友達との間に”利害関係”を作っちゃうから。

で…コレ、私が毎日書いている選挙に関しても思いっきり同じじゃんと思いまして。

超、今さらだけどね!!

同様のケースとして一番分かりやすい例は、某宗教がらみの政党信者ですかね。

私の周りには、選挙といえば”公明党支持の学会員である友人知人から電話が掛かってくるイベント”だと認識している人すらいます。

え…そうなの??

え…そうなの??

実際、あの人たちのガッツは凄いッ!!

マルチは知らなくても、創価パワーを感じたことがある人はいるだろう。

学会員の友人知人からの連絡に際し、何の違和感も覚えずに別に良いよ〜ってなった方々は…それはそれでOK。

別に公明党や創価学会をdisろうって腹ではないっすYO!!

信教は自由ですから。

しかし少なからずいるであろう…何らかの違和感や不快感を感じた人たちへ。

その時に感じた気持ちを思い出してみて欲しい。

またこのパターンか。

…ってのが正直なところだろう。

毎度お疲れ様です…。

選挙行こうぜ!!って言われるのは…どんな立場の誰から言われようとも、やっぱ基本ウザいはず。

だって、ある意味…”ポジショントーク”の代表選手だから。

最も真剣に…投票行こうぜ!!政治や選挙は大事なんだ!!と主張している層は、政治に関わる仕事をしている関係者…つまり直接受益する層です

政治は誰もが受益者だ!!と言われても…お前らが得するためだろ!!って感じるのは当然かもしれません。

マルチの勧誘に乗っかることが、勧誘相手の利益に直結するのと同じこと。

…でもね、やっぱり違う点はある。

何が違うのさ??

いったい何が違うのさ??

それは、マルチの勧誘に乗っからなくても損はしないけど…選挙に行かないのは明白な損だという点。

マルチやらないと損だよ、儲かるもん…っていう人には、お望みなら私がもっと桁が違うほどの爆益を生み出す方法を、いくらでもアドバイスいたしますよ。

しかも無料でなッ!!

マ、マ…マジで!?

…あらまぁ、信じられないくらい超美味しそうな話だこと!!

アンビリーバボー!!

アンビリーバボー!!

熟慮した上で、損しても良いっていう結論を出したのなら…選挙に行かないのは自由。

投票は義務ではなく、あくまでも権利です。

投票義務化を主張する人たちもいますが、私は自由を尊重する立場から反対します。

投票率向上のため選挙に何らかの付加価値を加えていくことには賛成ですが…義務化には抵抗を感じます。

長くなってきたので、本日はこの辺りで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント