いす-1GPに出損ねた男が、ゆるキャラGPを論じる!!これも立派な…選挙の一つだよね!!

未来拓く、みうらひらくです。

いす-1GPについてはこちらのエントリーをどうぞ。

熱きメンバー&スポンサー募集!!魂を乗せて走る、俺たちのロマンについて。

来年に向けて、メンバーを一人押さえたところです。

utage

 

あと必要なのは、もう一人のメンバーと椅子。

我こそは!!って漢の中の漢の立候補、待っています。

女性でも、もちろん大歓迎YO!!

ご応募はこちらから。

appare

さて、いす-1GPは知らなくても…ゆるキャラGPは、知っている人も多いはず。

今や…ちまたに溢れるゆるキャラの数々。

そんな彼ら…地域や会社、そして日本を元気にするために頑張っている”ゆるキャラ”たちの一年に一度のお祭り、それがゆるキャラグランプリだッ!!

さて、私が様々な活動にひらくマというキャラクターを使っているのは、当ブログの皆さまはご存知のことだと思います。

hazukasi

ふざけてんのか、政治にキャラクター使うなんて!!

 

…という感じで相当叩かれ続けていますが…まぁ今のところ、止める積もりはございません。

その話と、ひらくマの立ち位置はとりあえず置いておいて。

hitomazu

今年もキャラクター界の一大イベント、ゆるキャラグランプリがスタートしております!!

ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト

昨年、ひらくマの出場を検討したもので…事務局とのやり取りが何度かありましたが…キャッチボールが上手に出来ず。

思ったような展開には持っていけませんでした。

kii

で、昨年は岡山県津山市にある美作大学のミマッパちゃんを応援しました。

語尾に”ミマ”を付けて話す点などが…”〜クマ”と連呼するひらくマ的に親近感を覚え好印象。

gannbatte

活躍を目にすることも多いため、憧れの先輩になったようです。

地元キャラの先輩はいっぱいいる。

今年は私が鏡野町観光協会で働き始めたこともあり、思いきり業務内容に関わってくるポイントでもありまして…鏡野町の公式マスコットキャラクター、みずりんを応援させていただいております!!

そのキャラクター運用に関しては、色々と思うところもあり…アイデアを練っているところ。

kanngaechu

昨今のゆるキャラブームに乗っかってやろうと、濡れ手で粟を夢見て、多くの自治体や企業等が毎年参加するゆるキャラグランプリ。

しかし!!

増え続ける参加キャラクターの中で存在感を発揮するなど、ぶっちゃけ無理ゲー。

ga-nnuizutarai

結果に繋がることなく、ただ出場したというだけの事実を、さも実績であるかのように発表しているケースも散見されます。

では一体どうしたら良いのか??

この非常に難しい課題に立ち向かうため、皆さまのご意見をお聞かせください!!

yorosikuma

私の考えている案については、明日にでも一部を発表します。

それでは本日はこんなところで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント