砂の美術館に行ってきた…って書くつもりが海鮮丼の話になった。

未来拓く、みうらひらくです。

本日のアイキャッチ画像は奇跡の一枚

コルコバードのキリスト像を彫り上げた砂の大彫刻を差し置いて、男の頭には後光が差す。

完全にハゲたら、俺はもっと輝けるのか??

hitomazu

冗談は顔だけにしておいて。

我らが岡山県鳥取県は隣接しております。

二人は仲良しなんですよ、とっても。

どのくらい仲良しかというと…東京・新橋に協力してアンテナショップを出店するくらい。

鳥取県×岡山県 アンテナショップ 【とっとり・おかやま新橋館】公式WEBサイト

お近くに行かれた際には是非、お立ち寄りを!!

両県の良いところ、ザックリとは感じられますYO!!

11880387_1460452750927742_7633266187512741889_n

”おもてなし”より”ももてなし”だよね!!

私の居住地津山市や、勤務地である鏡野町の方など…特に岡山県北部に住む人たちにとっては、鳥取県はまさしくお隣さん

平和都市として世界的に有名な広島市を擁する広島県、神戸という大都市のイメージが強い兵庫県、海を隔てたうどん県(香川県)よりも、隣接という実感は圧倒的に強い…よ、少なくとも俺は。

実際、自宅から車で小一時間も走れば行けちゃうし。

東京都心部(新宿あたり)から、横浜に行くくらいの感じに近いですかね。

humuhumu

さて、そんな鳥取県。

スタバはないが、日本一のスナバはある。

かつて県知事がそうPRされていた鳥取砂丘があまりにも有名ですよね。

今や県内にスタバ(スターバックスコーヒー)の店舗も存在します。

ちなみに鳥取県のスタバ開店初日の売り上げは、世界中全てのスタバの中で1日の売り上げ最高記録になったとか。

今でもそうなのかは知りませんが、元県知事さんが以前そうおっしゃっていました。

ってか、鳥取県と聞いて最初に頭に浮かぶものって…大多数の皆さんは基本砂丘でしょ。

IMG_1129

ドコに行っても飛ぶ男…。

まぁ俺は、個人的には砂丘よりもカニですけど。

有名なのでご存知の方も多いでしょうが…鳥取砂丘の近くに、砂の美術館って施設があります。

鳥取砂丘 砂の美術館(公式サイト)

砂丘自体には何回もお邪魔したことがあったのですが…正直、何となく”ショボそう”という先入観を勝手に抱いており、敬遠してきていました。

そこに今回初訪問!!

ただその前に腹ごしらえ…腹が減ってはアートもクソもない。

芸術の秋の前に食欲の秋だろうよ。

鳥取はカニが有名だが、海の幸大好物の私には全てがウマし…海鮮丼万歳!!

img_2601

宝石箱…って感じではないけど、とても美味で具沢山…ご飯が足りませぬ。

ちなみにココは予約必須…今回奇跡的にアポ無しで入れたけど、すぐ後のお客さんは売り切れですって言われていました。

12時15分とか、そのくらいの時間帯で終了でっせ。

本気ならしっかり段取って行く方が良いんじゃないか。

少なくとも、その価値はあるなと思える内容の一杯でした。

bimi

さて…本題の美術館の話の前に1,000文字超えちゃった!!

いかに無駄なことを書いているかが実感できる結果となった本日のエントリー。

文章って…グダグダ長く書くのはアホでも簡単にできるけど、言いたいことを削ることなく、無駄をそぎ落とす作業が本当に難しいのよね。

引き続き精進あるのみです。

続きは改めて…とりあえず本日はこのあたりで。

また明日!!

 

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント