This is 三浦ひらく!圧倒的活動量と多角的アプローチで政治を変える!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

本日は昨日のエントリーでも書いたようにほぼ一日中、スーパーカメラマンお二人と行動を共にさせていただきました。

地域の自慢が大集合!写真のチカラと岡山県北の魅力を詰め込んだ宝箱作製準備中。

2022-04-05

連日の過密スケジュールでお疲れのところ…津山市内を中心に、地域の魅力を発信するための素材撮りの最後の一押しをしてくださった日本一のフリー写真素材サイトPAKUTASOの運営管理人すしぱくさん、PENTAXの機材情報や撮影テクニックなどを配信しているPENTA FANの編集長タケルさんというお二人との、このところ長い時間を費やしてきた企画もいよいよ最終日でした。

”撮れ高に勝るものなし”と言わんばかりのプロ意識で撮影に向き合われるお二人…本日も私のアドリブ提案にお付き合いいただくなど無理難題を聞き届けていただき、沢山の場所で、沢山の写真を撮っていただきました。

公開される日が楽しみすぎます!


明日の津山市議会では会派代表者会議が予定されており、その後は議会活性化調査特別委員会の打ち合わせもあります。

本来の議会業務に差し支えが出てきては論外ですが…議会外での活動も、議員の大切な仕事の一部であり、その時間帯をどういった成果に結び付けていくのかこそ、腕の見せ所であると考えています。今回の撮影企画自体を津山市議会の活性化にも結びつけていきたいという思いもあり、ある試みを行っていますので…そちらも乞うご期待といったところ。

また全く別件ではあるのですが…実は何と私のような者が、5月にある学会の場で講演させていただく機会をいただいています。本日はその抄録提出締め切り日にもなっていまして超絶大忙し。

大学を卒ぎょ…中退してから20年以上経っています。

抄録なんて書いたことがないどころか、論文に触れる機会もそれほど多くない私ですので…難題です。そもそもその場で何を話すのか…まだキッチリ固めていないという体たらく。

今でも色々な活動の中で…「え!津山市の議員さんなんだ!」と驚かれることがしばしばあります。

その度に強く感じるのは議員が何をやっているのか全く伝わっていないという現実と…議員という種類の人間への拭いがたい固定観念。

私はそうした現状の枠を軽く飛び越えて、自由に様々なアプローチを講じながら、少しでも多くの人が少しでも楽しく快適に暮らせるように社会を改善していくという終わらない目的達成のために、地道に積み重ねていくのみです。

何事にも全力投球でねッ!

本日は簡潔ながらこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年生まれ(44歳)。政治を面白くする心意気でブログやSNSで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。臓器提供意思表示推奨。

コメント