初詣ベビーカー論争で戦う、想像力が欠如した大きな赤ちゃん。

未来拓く、みうらひらくです。

日本一の初詣スポット明治神宮には毎年、三が日だけで300万人超が訪れる。

この時期の明治神宮のような超絶混雑スポットに、ベビーカーで行っちゃうってのはどうなの??

って論争が、年始から一部で盛り上がっています。

某お寺がベビーカー利用自粛をお願いする看板を出したことが発端。

ツイッターで瞬く間に拡散→炎上という流れ。

当ブログに度々ご登場いただく音喜多駿都議は、渦中の人になっています。

狙いどお…いやしかし、想像力の欠如は本当にヤバい。

モラルの欠如も、結局はそこに帰結します。

実は件のお寺は2年前まで、むしろベビーカーを優先していたのです。

その結果、小学5年生くらいの子でもベビーカーに乗せて優先的に参拝しようという親が相次いだって…マジか??

その親の知能がベビー以下だろ。

低レベル過ぎるアホ話は置いておいたとしても…実際問題、どうするべきだと思われますか??

続きはまた明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント