無知の知?いや、無知の恥でしょ!なぜ知らないことが罪なのか。

未来拓く、みうらひらくです。

俺もアホだが…知らないことを知っている分だけ、知ったつもりで偉そうにしている奴よりはマシ。

それがソクラテス無知の知です。

知らないことはではない。

ましてやではない。

誰もが、最初は知らないのだ。

そう、最初はね。

成長するにつれ、段々と学んでいくハズです。

エキスパートと比べたら、知らないことが多いのは仕方ない。

年賀状のエントリー、政治家が知らないで出した場合には仕方なくね??って声がありました。

…本当にそうか??

興味深い話を読んだ。

「教えて下さってありがとうございました!」と「悪いということを知らなかったんだから」

学問の世界でアウトなことが、政治の世界でまかり通る??

大事なことを知らない人に任せられる??

あえて任せてみるという選択肢自体は否定すべきではないと思う。

ただ開き直る際、一抹の恥ずかしさを覚えるだけの感覚を失ってしまっては終わりです。

それでは、また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント