城崎温泉にカラ出張?熱い湯に浸かり頭も体もリフレッシュせよ!

未来拓く、みうらひらくです。
人前で号泣したくはないけど結構な泣き虫、みうらひらくです。

某温泉地に来ております。

そう、あの某県議のカラ出張で有名になった城崎温泉。

もちろん、僕はカラ出張などいたしませんYO!

だがしかし、今日は少し遅くなり過ぎてしまった。さすがに10分でブログを更新するのは無理がある。

城崎のお湯は熱かった。腰が痛かったり、心が痛かったり、頭が悪かったり(?)…色んな人に効きそうな湯でした。今日1日だけでも色々と思うところがありました。ガンガン浮かんできた新しいアイデアの卵は、また帰ったらまとめて書かせていただきます。

今日は一つだけ書いておこう。

温泉に行った際にしばしば、不満に思うことが幾つかある。

裏を返せば、その点がしっかりしているとポイントは上がる。ゆーても極めて個人的な感想だ…俺の中でのポイントが上がったところで、新規開拓大好きな俺なので…同じところをリピートする可能性は低いのだがね。幾つか例示しておこう…一つじゃなくなるけど。

・タオルがショボい。
例えばバスタオルが柔らかくないとか…顔を拭いた際に痛いようなタオルはゴメンである。

・シャワーが勝手に止まる。
細かいことだが、アレをストレスに感じる人は多くないのだろうか?自分のタイミングでストップしたい。

・貴重品の管理が雑。
このご時世、やはり貴重品はしっかりと管理して欲しい。スマホなど個人情報の塊。セーフティボックスが欲しい。フロントに預けるのに抵抗を覚える人は少なくないだろう。

…などなどあるが、ダメ出しばかりしても仕方ない。城崎温泉はさすがに有名な温泉地だけあり、ポジティブな面ももちろん多々あった。だが古くから愛され続けている温泉地であるがゆえだろうか…新しいことに挑戦して行こうという意気よりも、伝統を守る力の方が強く働いている印象を受けたのは事実だ。

しかし、そんな中で頑張っておられる人たちも当然数多くおられるわけで…しっかり刺激をいただきましたぜ!

また改めて書きます。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント