津山にまたも素敵スポット…ANDLIFEオープン!夢は叶う!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

この24日…城下町として栄えた歴史を忍ばせる津山市の、その中でも観光スポットとしても名高い城東地区の一角に、新たな魅力溢れるオシャレスポットが誕生しました。

ANDLIFE  LIFESTYLE STORE & SECRET BASEです。

岡山県北部にある津山市。そこに残る城下町(城東地区)にANDLIFEのスタジオ兼ショールーム兼シークレットベースは存在します。
空間に置かれた家具は全てANDLIFEのオリジナルプロダクトです。
今後はイベントや展示会、そしてギャラリーとしてライフスタイルブランド〜ANDLIFE〜をここから全世界に発信していきます。

公式サイトより引用

上記サイトを拝見したり、メンバーの皆さんの話を聞かせていただいた中で…コンセプトとしては(少なくとも現時点では)インテリアをはじめとした生活雑貨のオリジナル製品を生み出しつつ…空間、その場所をカッコ良くしていくことで…豊かな生活の延長線上にある、みんなの憧れる暮らしを手に入れようってこと(≒多分それは幸せになろうということ)だと理解しました。

実際に訪れてみた感想は、まさしく大人のシークレットベース(秘密基地)!

偶然か必然か…不思議な縁で集まった(?)有志の皆さまの手により、場所をつくるところから手づくりで始められ…オープニング当日までには約2年間を費やしたという思いの込められたスポットの完成披露に立ち会えたこと…あの場に呼んでいただけたことに、まずは感謝。ご本人もカッコいい同級生がプロジェクトメンバーの1人で…声を掛けてくれて伺った会だったのですが、本当に圧巻でした。

カッコ良過ぎて(あと人が多過ぎて)、内部の写真をほとんど撮っていません。公式サイトorご自身の目で確かめてみてください!

津山市には何もない?

イナカマチだもの…都会のような洗練されたカッコ良さを求めても仕方ない?

いや…あるんです。

出来たんです!

カッコ良い場所が誕生したのです。

そして、そんな素敵な場所を…自分たちの手でつくりだすことができるんです。If you can dream it, you can do it.

夢見ることができるなら、それは実現することができる。

あまりにも有名かつシンプル…そして希望に満ちたウォルト・ディズニーの名言。もはや時代を超えて、この言葉自体が我々に夢を与えてくれる表現だと言えるでしょう。

このセリフを引きつつ熱く語ってくださった、同級生の兄上でもあるANDLIFEのクリエイティブディレクターの思いの強さ、深さ…そして真剣さは、決して広くはないけども凄まじくオシャレにリノベーションされた会場に所狭しと集まった、津山市長をはじめとした多くの人たちにも必ず伝わったことだと思います。

優に100名を超える人が集まった会場は凄まじい熱気…Tシャツ参戦の市長は羨まし過ぎ。

ま、こちらは名言でも何でもないのですが…百聞は一見に如かずって言わざるを得ない。

現地に行くのが一番です…話を聞くのが一番です。

思いを直接伺って、自分の目で見て…それから判断すべきです!

イメージだけ、伝聞だけ…そんな不確かな情報で何かを決めつけちゃうの、モッタイナイぜ!

オシャレ過ぎる…敷居が高そう。

そう思った?安心してください。

何しろ、私もそう思っていました。

これはアレだ…神々の遊びだろう。きっと私のような一般の、下々の…センス何それ美味しいの?みたいな…しかも市議会議員などという面倒な輩の出る幕ではないだろうと。

同級生との縁が物を言ったのでしょうが…違いました。

受け容れてくださいました。

しかも本当に楽しく、お話させていただきました。同級生もいっぱい来てて、プチ同窓会みたいになってたし。

美味しい物も用意してあって…色んな意味で贅沢な時間を堪能させていただきました。

ハッキリ言っちゃいますと、実は私…こーゆー系統の会合はあまり得意ではありません。

オシャレ過ぎると…オシャレでない自分が恥ずかしいというか、情けないというか。

まぁ要するに正直…自信がないことの裏返し、コンプレックスの発露であります。

でも…それだけじゃないのよね。

こーゆー感じのイベントの類って往々にして…身内感というか、関係者だけが勝手に盛り上がっていて、オープンに見せかけておきながら、実はスーパークローズド…みたいな種類の空気感が漂っていることが多いです。

これ、感じたことがある人は少なくないと思います。実際に津山市内でもそういう話はしばしば聞くし…私自身も感じたことがあります。

今回、それが全くなかったです。

もちろん私自身の主観です。行ってみて、いや…俺には合わないなって人もいると思います。

でも、それはそれ!

全ての人に受け容れてもらえるようなもの、それが本当に面白いかどうか…私は大いに疑問に感じます。

毎週日曜日、メンバーが誰かしら現地(〒708-0832 岡山県津山市東新町2 すえひろビル2階)におられるそうです。

ご自身の感覚で確かめに行ってみてください!

見た目イカつい感じの方々も、めっちゃフレンドリーでした。

ついつい食べてしまうような俺でも…夢に見られたならば、痩せられるというのか?

トークセッションも面白かった。

決めたことを、気持ちを持ちながらやっていくことが夢の実現に繋がる。

わからないことは聞くか調べるか(誰にでもできること)…そしてまず実際にやってみてから考える…その積み重ねが夢へと近づいていく結果になる。

自身の考え方に近いってこともあって、良い時間でした。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント