鏡野町は新宿にも負けない…帰ってきたイザ!カエルキャラバン!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

ちょうど1年くらい前に告知させていただきました企画、カエルキャラバン in 鏡野町。

公式超え?世界一わかりやすいイザ!カエルキャラバン!説明書。

2018-09-27

期待が膨らみながらも台風という自然の猛威には勝てず、泣く泣く中止となったスーパー楽しい防災のための企画

楽しみながら本格的に防災を学べる稀有なチャンスであり、2005年のスタート以来、大好評を博しつつ開催回数を重ね…今や全国各地で開催されている”地域の防災訓練プログラムと、おもちゃ交換会「かえっこバザール」を組み合わせた防災イベント”です。

イザ!カエルキャラバン!公式サイト

防災の日、9月1日開催やで!

公式サイトでは(当ブログ執筆時点2019.08.26深夜帯)同日開催の新宿区の情報はアップされているのに、なぜか鏡野町の情報が完全にスルーされている!

ギネス認定、世界一の乗降客数を誇る新宿駅を中心に、東京都庁などの高層ビル群、歌舞伎町…あまりにも有名な風景が点在する言わずと知れた日本の中心、新宿。

しかし!

か、鏡野町の方が勝っている点だってあるんだからねッ!

(面積とか面積とか面積とか…)

ま、不毛な比較はともかくとして…公式サイトに併記しない不平等はないでしょ?

ってなわけで突っ込んでやろうと思ったわけですが…私自身は今や鏡野町の観光協会職員ではなく津山市議会議員。それでもある意味では今でも鏡野町関係者であると勝手に自認しているのですが…主催者はあくまでも鏡野町、然るべきルートを通じて改善要求していただきました。今さらですけど。

昨年、本企画が中止になった際には残念だという声が沢山の届きました。ただ無理やり開催して何かあったら最悪ですからね。防災イベントを荒天時に無理やり強行して事故でも起こった日には…実際は全く笑えない状況であっても、世界中から笑われることでしょう。

笑顔は嬉しいものですが、嘲笑、冷笑、苦笑に作り笑い…そんなのイヤじゃないですか!


昨年のエントリーでも紹介させていただきましたが…せっかく公式のご協力を得て頂戴した写真の数々、しっかりとご覧いただきこのイベントの楽しさを想像してみてください!

イザ!カエルキャラバン!の仕組み説明。大人も子どもも興味津々です。

ちびっ子達のお楽しみ。不要なおもちゃと、お友達が持ってきたおもちゃを交換するかえっこバザール。

要らなくなった自分のおもちゃで、誰かが喜ぶ!誰かの要らなくなったおもちゃで、自分自身も喜びをもらえる仕組み!

水消火器で的当てゲーム!これは大人でも絶対楽しいやつですね。

ジャッキアップゲーム!初めてでも丁寧に教えてもらえるので安心です。

家具転倒防止まちがいさがし。楽しく、そしてわかりやすく…非常に工夫された体験です!

紙食器づくりです。いざという時のための備えを、家族みんなで学べます!

水害紙芝居。楽しいことばかりではない現実を、誰にでも共感しやすいツールで、どこよりも優しく伝えます。

防災カードゲーム「シャッフル」です。楽しみながら学べている様子が伝わってきますね!

毛布で担架タイムトライアル!大人も子どもも一致団結…協力の大切さも体で学ぶことができます。

災害時を想定し、身近なものを利用した訓練を、楽しみながら行います。

こんな経験、なかなかできませんぜ!

ぜひ会場でご体験くださいませ。

小さなお子さんがおられる家庭などには特にオススメ!

家で眠っている不要になったおもちゃを持って…9月1日(日)には鏡野町中央公民館に皆さんで集まりましょう!

〈お問い合わせ〉
鏡野町役場 くらし安全課
TEL. 0868-54-2621(直通)

大人も子どもも動きやすい服装でのご来場をオススメいたします。

普段はスーツ姿が多い私も…この日ばかりはラフなスタイルでいきますぜ!

うっかり裸婦って入れるところだった。

鏡野町民以外の皆さまでもご参加いただけます!

 

素晴らしいやん。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント