津山市議会議員がポスターをプレゼント?寄附NGなのにマジで?

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

ひらくマの父です。

今日、また一つ世界一の称号を得てしまった。

世界一可愛い、政治活動用のポスター登場!

これからきっと…津山市内ではコイツを目にする機会がガンガン増えるはずだ(願望)。現物がまさに本日、届いたばかりなのだが…早速事務所から持って帰ってくださった方が、おウチの壁に2枚並べて貼ってくれたらしい。それがアイキャッチ画像の写真だ。

素晴らしい!

まるで最初から1枚のポスターであるかのような上手な合わせっぷりだが、これは実はA2判のポスターを横に2枚並べて貼りA1サイズに仕上げたものだ。

それぞれ、1枚で貼ることも可能!

メチャクチャ可愛いぞ。

そもそも政治家・議員のポスターは、超絶にクソダサいものばかり。これを否定する人は多くはないだろう(オススメご教示ください)。

津山市議会議員選挙2015の際の全立候補者の選挙ポスターを採点したエントリーは、当ブログの中でもロングヒットを記録している人気記事である。未だに根に持っている人もいるようだが…全候補を思いっきり厳しく評価してやった。

0点の候補者も?津山市議の選挙ポスター全て採点!その結果は?

2018-06-05

ただし、この選挙で私自身が落選していることは内緒である。

昨年…2019年4月の同じ選挙の際にも、採点企画をやって欲しいという声があったが…そもそも全候補のポスターが貼ってある掲示板の写真を撮っていなかった上に、自分以上のインパクトがあるポスターの存在を認知していたために、敵前逃亡したのが正直なところ。

半ば面倒くさいという気持ちもあったことは黙っておこう。

それでも一応、私が使用した選挙ポスターだけは紹介しておこう…コチラだ。

まぁ、これはこれで気に入っていたデザインで好評だった。

眉毛以外は本物だ。

ちなみに今回のポスターのデザインは極めてシンプル。

オッさんの顔写真など街中に貼り出しても誰も得しない…オバさんの顔でも同じ。

たとえそれが若く素敵な男女であったとしても、政治活動用のポスターに共通の、あの何とも言えないクソダサさが漂う時点でモデルの美しさなど嘘のように消えてしまう。ハイハイ、そっち系のポスターねって…一見して景観を損ねるわけ。

そこへいくと、ホラ。

え…?

何このポスター。

ハッキリ言って、全く意味がわからない。

安心してください、それで良いのです。何コレなら、勝ち…今回はそういうコンセプトで作りました。

世界一可愛い政治活動用ポスターを駆使する市議会議員。

俺に勝てる奴いるの?

自信がある奴はかかってこい。

俺は誰の挑戦でも受ける!

そんなわけで、このポスター貼らせてください!

お家でも会社でも、納屋でも倉庫でも…人目につく屋外に設置してくださる方を大募集いたします。多少の凹凸は問題なく貼れる仕様になっております。

こんな時だからこそ…ますます重要になっていく政治の世界に興味を持ってもらい、議会で何をやっているのかを知っていただくために。そしてその先…議会をより健全化していくための入り口としていただくために。

ご協力お願いいたします!
お気軽にご連絡くださいませ!

見るだけでも少し元気になれるはず…コロナも逃げるかも(スミマセン嘘です逃げません)。貼りまくっちゃってください!

実質的にはプレゼント!

私は1円も受け取りません…まぁ掲示場所をご提供いただくわけですが。

政治活動用のポスターなんで全くもって無価値だと見做されていることだと思いますが、私のデザインが素敵過ぎて…この作品に限っては有価物になってケシカランなんてことになるなら、それはそれで面白いわな。

ってなわけで今回も、表現の自由(?)を謳歌させていただきました。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント