宿見学、美味ランチ満喫、議運&議案説明会、母校バスケ部訪問。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

タイトルからもお察しいただけるように…今日は凄く多くのことがありました。

まず午前中…津山市当局から提出される7月臨時会の議案が、朝9時に配布されるとのことで9時前に役所へ。一番ノリかしらと思いながら出勤したものの…3番手でした。13時から行われた議会運営委員会において、7月臨時会の日程が確定しました。

7月臨時会は7月7日、七夕1日のみの予定。

議案質疑を行う場合は、明日の朝10時までの間に申告が必要ですので…今から議案内容を検討、精査します。とりあえず本日のあまりにも盛り沢山だった業務については、報告動画をご覧くださいませ。

業務以外のお楽しみの報告も入っております!

7月17日に、津山市に新たな宿泊施設が誕生する予定です。

城下小宿 糀や

素敵な施設になりそうな雰囲気が漂っていました。

完成が楽しみです。

そしてその後の流れで近くのお店を訪れ、普段は食べないランチを食べたのですが…これが最高でした!

早瀬豆富店さん。

お店も良い場所にあって気になっていましたが、そもそも昼ご飯を食べないことが多い私…なかなか訪れる機会がありませんでした。でも行って良かった!

超絶に美味しかった。

自分が知らないものはオススメのしようがありませんし、よく知らないものをオススメする人は無責任だと思っている私。

ただ自分の舌その他で確かめてきましたので…自信を持ってオススメできます!

リピート決定。またお邪魔させていただきます。豆腐ソフトクリームが超絶に気になったけど我慢した。豆腐プリンめちゃウマでした!

そして午後からは市役所に戻り…13時からの議会運営委員会、14時からの議案説明会へ参加。

本日も議案説明会はかなり紛糾しました。

皆、言いたいことや思いが有り過ぎるからね。

内容について個別に取り上げたいことも沢山あるのですが、明日以降にさせてください。今からこれらを精査して明日の朝までの宿題をしなくてはならないので。

興味がある人は是非細かい内容をチェックしていただいて(画像クリックorタップで拡大できます)…内容についてのご意見等届けてください!

現時点では全てこれは議案であって、津山市当局がこういった事業にこれだけの予算を割いていくつもりで考えているという案です。これらの施策の内容が適切なものであるか否かを、私たちが審議する場が7日の臨時会なのです。

さて、16時過ぎに議案説明会が終了した後は…大急ぎで懐かしの我が母校にお邪魔しました。昨年の体育祭以来の訪問です。

そうです私が汚れた大人です。母校訪問で不審者になりかけた話。

2019-09-07

そして後輩たちの勇姿を見てきました!

私が青春の全てを捧げたと言っても過言…いや、全ては過言だな。

バスケットボール!

JIAMでの研修でも一人だけ早起き&朝食を抜いてバスケをしてしまうような男ですからね!

今でも超好きなバスケですが…本日は何と!

プロチームの方々が指導に来てくださっていたのです。

トライフープ岡山公式サイト

これは子どもたちにとっては最高の思い出になったはずだし、めちゃくちゃ楽しそうでした。楽しいどころか苦行そのものであったスパルタ指導に耐えた中学校時代を懐かしく思い出しながら、練習風景を拝見しました。その中で…バスケットボールに限った話では有りませんが、リズムが大切だという教えがありました。津山市内にある美作大学のリズムを使った運動指導で有名な津田先生も来られており…その指導を見ていると思わず体が動きそうになりました。

ガッツリ参加したかった!

幾つかの小学校で何度か同様の取り組みを行っていたはずですが…中学校での実施は北陵中学校のみ。現場には様々な都合があるのは重々承知していますが、この種の取り組みは他校でもできる限り進めていただきたいなと、楽しそうな子どもたちの笑顔を見て強く感じました。

バスケ以外にも県内にプロスポーツチームは幾つもありますし、スポーツ以外や県外チームであっても…吸収できる機会は可能な限り提供していくべきだと考えます。

スーツのズボンが破けたような気もするけど、きっと気のせい…様々な刺激を受けた1日となりました。

それでは本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント