永久保存版?議会発言動画集。軌跡を実感し、今議会に期待せよ!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

津山市議会議員として、今の仕事をさせていただけるようになってから1年10ヶ月が過ぎ…議会も定例会を7回経験しました。以前も全く同じように書きましたが…恥ずかしながら、まだまだだなという自覚は持っています…ただそれは経験不足よりもむしろ、単なる力不足である部分が大きいと考えています。

どんな仕事にでも言えることでしょうが…経験が物を言う部分は確かにあります。ただ少なくとも政治の場合は、物を言う場面で本当に必要とされているのは経験そのものではありません。

実現力です!

思いを遂げるために必要なものは経験値ではなく、圧倒的な実現力。

一般質問をすること自体も…経験も、知識も、日々の活動の積み重ねも、議会での活動…全ての議員活動、少なくとも政治に関わるあらゆるものは実現力を高めて思いを実現していくための糧、助けでしかありません。

…ということで最近は、実現力を高めるために日々精進しているところです。ある意味では私の武器の一つでもある”早口”を今回はできる限り封印し、リアルに世界一わかりやすい議会質問を目指して議論を展開する予定です。

思いを実現するためにね!

これから質問を作ったり重要な仕事がありますので…正直、手抜きも良いところのエントリーになりますが…以下に直近の昨年12月定例会から一昨年の6月定例会まで…今まで発言した際の全ての動画を紹介しておきます。

興味がありそうな内容を是非、チェックしてみてください!

予習がてらね…12種類あるので、一つくらいはきっと興味があるものがあるハズ!

三浦ひらく 1.新型コロナ対策を含む災害対策
(1)広域連携
(2)広報
(3)予防接種
(4)避難所運営
2.市民サービス向上のための施策
(1)期日前投票
(2)観光
(3)引きこもり
(4)公民連携
(5)産業支援センター
(6)公立大学
3.子どもたちの未来のために
(1)学力・学習状況調査結果について
(2)コミュニティ・ スクール
(3)制服
(4)情報発信について

 

 

三浦ひらく 決算質疑
議案第27号
1.令和元年度津山市一般会計歳入歳出決算について
(1)情報発信・受信
(2)産業支援
(3)シティプロモーション
(4)子育て
(5)観光
(6)生きづらさを抱える人達への施策
(7)防災
(8)教育

 

 

三浦ひらく 常任委員会委員長報告及び議案の修正に対する質疑・討論

 

9月定例会で大きな焦点となった、津山市100%出資でのスタートとなる地域商社に関連して行った反対討論の動画です。
三浦ひらくが初めて行った予算議案への反対表明。
その最大の理由は議会への説明、そして住民への情報公開が十分になされていないからでした。
手前味噌ながらこの反対討論は、そもそも地域商社問題そのものが理解できていない状況にある市民の方が多い中で、非常にわかりやすかったと大変多くの反響をいただいたものです。
世界一…少なくとも津山一!
大変早口な反対討論ですが、自身で調べたデータを元に理路整然と積み重ねていく討論の全てを、さぁご確認あれ!

 

 

三浦ひらく 1.新型コロナウイルス感染症への対応について
(1)情報発信
(2)観光
(3)プレミアム商品券のオンライン化
2.より良い市民サービスについて
(1)自治体DX
(2)地域創生推進会議と地域経済再生専門家会議
(3)地域商社
3.児童・生徒に寄り添った教育行政のあり方
(1)コミュニティ・スクール
(2)ブラック校則
(3)修学旅行
(4)熱中症対策

 

 

三浦ひらく(議案質疑) 議案第14号 
1.令和2年度補正予算(第3次)について
(1)新しい生活様式への対応 (2)生活支援・経済支援

 

 

三浦ひらく 1.教育行政について
(1)新型コロナウイルス感染症影響下での家庭教育・地域教育
2.災害対策について
(1)自然災害と感染症同時発生への備え・防災備蓄
3.就学猶予制度について

 

三浦ひらく(議案質疑) 1.文書広報費の使途と目的について
2.教育費全般について
3.補正予算全体についての市長の思い

 

 

三浦ひらく(一般質問) 1.市民サービス全般
(1)安心・安全を守るための取り組みについて
(2)より快適な暮らしを実現するための取り組みについて
(3)情報発信と受信への取り組みについて

 

 

三浦ひらく(一般質問) 1.生きづらさを抱えている方々へのサポートについて
(1)LGBT、障害者、引きこもり等
2.関係人口創出のための取り組みについて
(1)観光全般(DMO、トイレ問題含む)
(2)移住・定住施策(広域事務組合含む)
(3)シティプロモーション等
3.災害時の想定・対応について
(1)備蓄物資詳細についてと要望
(2)障害者への対応など
(3)災害ゴミについて

 

 

三浦ひらく(議案質疑) 1.広報・Webなど情報発信・受信関連の支出について
2.シティプロモーション事業関連の支出について
3.防災関連の支出について
4.観光関連の支出について
5.生きづらさを抱える方々への理解を深める取り組みへの支出について

 

 

三浦ひらく(一般質問) 1.観光振興
(1)津山版DMO、施設整備、インバウンド対応、受け入れ態勢整備などについて
2.市民サービス
(1)市民と行政間の双方向性あるコミュニケーション、マイナンバー制度、防災などについて
3.学校制服
(1)学生服出荷額日本一の岡山県の自治体として、本当にユーザーフレンドリーな制服の選択肢増加を求む

 

 

三浦ひらく(一般質問) 1.市民に向けた情報発信について
(1)市政が身近に感じられないという声にどう向き合うか
2.公式情報発信手段について
(1)現状確認と、あたらしい選択肢の必要性
3.広報津山の制作・配布コストについて
(1)未来を見据えた適正な形へと、挑戦的変貌を望む

 

今回の3月議会での質問戦は3月8日から11日木曜日まで。

私の出番は3月9日10時からです!

動画でも紹介いたしますが、議場へのお越しもお待ちいたしております。

成長を感じていただけるエントリーになったかな?ま…このエントリーで伝わらずとも、今回の議会で必ず感じさせてみせますぜ!

また自分自身でハードルを上げてしまった…。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント