小学生からやり直せ!一線越えるような奴は一線から退けって話。

未来拓く、みうらひらくです。

政務活動費を不正に流用したとして、富山市議会ではとうとう12人目の辞職者が出たとか。

荒れまくっていますなぁ。

sinnbunn

世界に飛び出した号泣県議の例を持ち出すまでもなく…政務活動費に関しては、おかしな使い方をする人間が掃いて捨てるほどいるのが現実です。

当ブログでも以前、津山市議会議員の政務活動費・政治資金の不自然な使われ方に関して書いたことがあります。

政務活動費という甘い誘惑。津山市議会議員の使い方を参考に、本来の趣旨をもう一度考えてみる。

過剰に請求するのがおかしいのも当然ですが、ゼロってのも間違いなくおかしい。

batsu

政治以外の世界にいる人でも、この不自然さは実感できる人も多いはず。

節税と脱税の線引きで考えるとわかりやすいかな。

そこには当然、越えてはならないラインってものがある。

政治資金ゼロ・政務活動費ゼロでは政治活動ができないわけです。

…ってことはアレ??

ひょっとして、何もしていないのかな??

zukoo

経費として計上することにメリットがあると、本来計上すべき性格ではない支出まで、経費に入れてしまいたくなるもの。

人間なんて、そんなものじゃないの??

私は絶対そんなことしない!!

そう断言する人もいるでしょう。

そうですか、そうですか…すごいねぇ、それは。

俺は断言できん。

ってか、絶対バレないって保証があったら…多くの人は不正を働くものだと考えています。

おかね札束

特にカネは、人を狂わせる。

別に金が悪いわけじゃない。

みんな大好きでしょ、お金。

俺も好きYO!!

だから頑張って仕事して稼ぐんでしょ。

お金を好きじゃなくても、誰もが必要とするのは間違いないわけで…同じこと。

いいや、私は違う…って、したり顔で言う奴ほど信用できんな。

天網恢恢疎にして漏らさずって言うでしょ。

悪事は往々にしてバレるものですが、現実には憎まれっ子世にはばかるってところもある。

だからこそ…お金のことはしっかり、きちんと明らかにしておく必要がある。

多く申告するのは言語道断ですが、少なく申し出ることもまた、信用を失うことに繋がります。

事実を事実として、当たり前に報告すれば良いだけ。

報告すべき金額をきちんと報告する。

たったそれだけで良い話…子どもでもできるって!!

hazukasi

お小遣い帳とかつけている子いるじゃん。

小学生からやり直せや!!

政治家にはこんな奴らしかいないが多いから…ますます、政治が信用されなくなる。

みずからの首を絞めるような…情けなくも賤しい真似は、本当に恥じていただきたいと思うところ。

それでは本日はこんなところで。

また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント