Can you speak English?体言語は任せろ!

未来拓く、みうらひらくです。
色覚異常者だけど紅葉の美しさは何となくわかる、みうらひらくです。

今夜は全国ネット(テレビ朝日系列、報道ステーション)で鏡野町随一の紅葉スポットである国指定の名勝、奥津渓が放送されると聞いていたので少し期待していた。だが結果は…さっき終わったけど文字のみの放送。調子こいてSNS等で告知しなくて良かった。しかし紅葉はやはり、多くの人にとって魅力的なようだ。

3回しか紅葉時期に接客したことはないが、確実に毎年増えているのが外国人観光客である。今年も何回か拙い英語で道案内したり、メッセージのやり取りをする機会があった。

いや、英語できないって困るわマジで。

中国や台湾の人たちなら筆談って手もあるんだけど…英語は書く方ももはや忘却の彼方である。恐らく高校一年生くらいが人生の英語力ピークだったのではないかと思っている。

そんな英語だが、実は先日少し触れたあたらしい党の候補予定者選抜の一環である知能テストにも一部英語力を試される部分があった。

地域を本気で思うからこそ、東京発地域政党の公認をもらった話。

2018-11-01

超出来ませんでした。

英語部分は必須ではないがポイント加算はされるという仕組みだったようだが…英語力の低下っぷりには自分でも愕然としたところである。

いや…ぶっちゃけ英語以外にも、国語にしても数学にしても…もはや高校どころか中学の問題集見ても何コレ?ってレベルなのですが。超基本の算数レベルの計算や、最低限度の国語力が必要なのと同じように…やはり、英語力も身につけておくに越したことはないって強く実感した次第です。

超遅いけど。

自動翻訳とか、何だのかんだのって意見もあるだろうけど…冷静に考えてみればわかるけど、直接コミュニケーション取れた方が良いのは確実だ。

日本人同士でも「は?コイツ何言ってんの?」ってことは、多々あるもんね。コミュニケーションを取る際に、余計なものを間に挟まずに済むなら…それが機械だろうが、人間の通訳だろうが…その方がベター。

相手の言ってることを理解する場合にも当然そうだけど、自分の意思を伝える際にも、自分の言葉で伝えられる方が絶対にベターでしょ。

俺が今日最も言いたいのは…外国人に対しての話ではなく、同じ日本に住む人たちに対しての話。

自分自身の言葉で意思疎通しようとすることなしに、自分の考えを理解してもらおうとか…どんだけ甘いの?まずは自分自身で説明しようぜってこと。

聞いてもらえるか否かは、その先の話…聞いてもらえなきゃ、聞いてもらえる努力をすれば良いだけの話。

それでも聞いてもらえなきゃ、努力の仕方が悪いか…話そのものに魅力がないか…いずれにせよテメェ自身の問題でしょ。

口だけ一人前の連中に構っているほど暇じゃないのYO!

自分自身で伝えようとしようぜ!

ボディランゲージでも何でも良いじゃん…表現しなさいよ、考えていることを。

誰に何を伝えたいのか…若干意味不明なエントリーになりましたが、特定の個人に向けたものではありません。

奥津渓の紅葉は見頃を少し過ぎた感がありますが、デートにはこのくらいの方が人も少し減ってきていて良い感じかもしれないぞ!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント