今週は街頭演説毎日やります!見かけたら是非応援してあげてね!

未来拓く、みうらひらくです。
今さらながら街頭演説の楽しさを覚えてきました、みうらひらくです。

このところ目に見えてリアクションが増えてきたことと、ポジティブなお声がけを直接いただいたケースが続いたことで、テンションが上がっております!

自分でも現金なものだなと思いますが…応援してもらえているのだと身をもって感じられると正直やはり…嬉しいです!

 

私の住む岡山県津山市は車社会。面積が広い(ザックリ東京23区の21区分に相当…大田区と足立区の面積を除いたものとほぼ同じ)こともあり、徒歩移動している人は少なく…鉄道も市内での移動にはほぼ使われることはないため、JR津山駅の利用者も決して多くありません。

効率よく街頭演説するなら交通量の多い交差点が最も適しているとの判断で、このところ市内の様々な交差点で街頭演説をさせていただいております。毎朝、皆さまにはご迷惑をお掛けいたしております。

しかしその甲斐あってか…現状に問題があると感じておられる方や、不安・不満を抱えておられる方からエールをいただける機会も増えてきました。いつも頑張っているねと言っていただけることもあり、継続することの大切さを実感しています。

 

今後も引き続き街頭での活動は行ってまいります!

見かけていただいたら是非、お声がけください。友人知人から通りすがりに応援してもらえるのも最高ですが…このところ、その親御さんなどの方々からお声掛けいただくことが続きました。本当に感謝しております。

今朝の津山市は雨。天気は良くありませんが…元気とやる気は誰よりも持っている40歳として。

惑わず迷わずやっていきます!

本日は簡潔ながらこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント