謝罪!そして開き直り?個人情報と交換でリーフレットはいかが?

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

メンゴ!

本日は初めに謝らねばなりません。下のエントリー内で今月中に必ず終わらせると言っておいたミッション…リーフレットを皆さまに今月中にお届けするって言ってた話。

赤信号みんなで渡れば怖くない?朱に交わらないため深紅になる!

2020-05-26

終わりませんでした!

ごめんなさい…ってか、他のことを優先させてしまいました。もちろん合理的判断に基づいての決断ですが、やるって言ったことを出来なかった以上は説明しておかないとね!

6月議会に関係する内容で、明後日までにどうしても必要な話などありましたので…リーフレットの頒布(住所を書いて送る人用の準備)を後回しにしてしまいました。ま、あまり悪いと思ってないけどなッ!

これはそんなことで怒ったりしないであろう人たちを対象にした話です。そんなに急いで送らなくても良いであろう人たちを最後に残させていただきました。そういう意味でも、合理的判断です。もしかするとあなたの元にも、Hiraku-MA-GAZINEが届くかも!

選ばれし人たち、お待ちくださいね!

以前も書いたように今回の6月議会に興味を持っていただきたいという狙いがメインです。5月に間に合わずとも…遅くとも質問が始まる6月8日までには必ず送らないと、意味が薄くなります。

今夜もこれが終わったらその準備をせねば。

今日は暑さのピークを避け、夕刻に先日の残りのポスティングを行いました。ポスティングは自分の空き時間を使ってできます。

金銭コストは抑えられますが、配ることができる範囲は狭くなります。先日のように配達地域指定郵便を使えば少しは抑えられますが、今回は通常の送付料金が掛かる送付方法です。次回以降は別の方法に変えざるを得ません。

あと20セットくらいは残数があるので、お申し込みいただければ先着順でお送りいたします。

もちろん無料!

さぁ、あなたも…ひらくマサポーターズに入会して三浦ひらくを応援しよう!市外・県外の方でも大丈夫です。さて、最後にぶっちゃけ話!

現時点で最もコストを削減できる方法…それはネットの活用です。インターネットでの情報発信だけで事足りるのであれば正直言って助かりますが、現状ではそういうわけにもいきません。

実際、政治関係資金で最も多くを割かなくてはならないのは印刷物。ただし情報発信の大切さを訴えている身として、ある程度のコストを割いて発信していくことは当然です。

しかし津山市内全世帯に紙媒体を配布するようなことは現実的にできません。制作費、配送代だけで軽く何百万円も掛かってしまうことが間違いないからです。

そういう意味でも、広く情報を届けられる手段を、できる限り低コストで充実させていけるように…可能な限り選択肢を増やしていくべく今後も色々と工夫してまいります。

今回の6月議会では”珍しく”…情報発信について質問する予定がありません。

しかし情報発信と情報受信のチャンネルを増やしていくことは非常に大切で、私たちが政治を本当に役立てていくための第一歩だと考えております。引き続き、自分自身もその充実のために尽力していくとともに、津山市当局にもそこへの注力を求めていきます。

あ…当然ながら送付・および制作関係費用に政務活動費は一切充当しておりませんので、お含みおきください。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント