全世界待望の”ひらくマガジン”完成や!お申し込みはお早めに!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

このところ当ブログでも毎日触れていますが…現在のような状況下においては、どうしても新型コロナウイルス関連の話が中心になってしまいますね。

全国民必見!命を守るためすべきこと。信頼できる情報を信じろ!

2020-04-03

例年であれば津山市にも津山さくらまつりの真っ只中(この状況下ですが規模を縮小するなどして開催中です)で観光客の方々が溢れている頃。

今日あたり鶴山公園を覗こうかと思ってたのですが、都合が付かず行けませんでした。今年はどの時間帯に訪れた誰に聞いても例年になく人出が少なく、桜を満喫できたということ。人を見に来たのかなと感じるレベルで混み合っていることも珍しくない桜シーズン…こんなご時世ではありますが、感染症への予防対策をしっかりとした上で訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

桜を愛でることにより、少しは心が安らぐことだと思います。

私の場合はどうしても、桜だけでなく花が大好きな娘のことを思い出すので…今年は花見に行ったら泣く予感しかありませんが、それでも一回は行こうと思っています。

津山のシンボルと言っても大袈裟ではない津山城跡・鶴山公園の桜。

”春は津山”ということで、津山市では3月末からGWにかけてのこの季節を、一大観光シーズンと位置付け、多くのイベントを充実させていくことで観光消費額の一人当たりの金額そして総額を増やすことを目標としています。

しかし例えば週末など多くの集客が期待される際に雨天が続くことや、そもそも桜の開花時期などにも強い影響を受けることが想定され、今のように感染症が流行したり、自然災害が発生した場合等にはその年の観光収入が激減することは明らかです。

例えば、そのあたりには9月議会で触れています。

こうした議会での質問の様子、活動内容…そしてその時々の所感等をまとめた紙媒体、Hiraku-MA-GAZINEがようやく完成しました。

2019年6月議会(5月〜8月)、9月議会(9月〜11月)、12月議会(12月〜2020年2月)の3度の定例会での質問内容を中心に、それぞれの期間の活動をまとめたB5判見開き4ページのリーフレットです。手渡しはもちろん…近隣にはポスティング等も予定はしていますが、部数に限りがあります。

どうしても欲しい方は、ひらくマサポーターズへとお申し込みくださいませ!

この内容の全てをネット公開する予定はありません。

え…?

見たいの?

仕方ない。

ちょっとだけよ…。

この1年弱でも色々あったな…。3月議会での発言等をまとめた最新バージョンも、また作りますからね。

世界一カッコ良い議会報告を作る市議会議員として、頑張ります!

本日は簡潔ながらこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント