可能性は無限大!できることは必ずある。心が弱いからこそ思うこと。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

昨日も全く楽しくない話をブログで取り上げてしまいました。できることなら多くの人が目を逸らしてしまいたい問題ではないでしょうか。

いじめについてです。

令和2年度…津山市のいじめ認知件数は小学校93件、中学校52件。

2021-10-28

昨日書いた上記のエントリーについては沢山のご意見等をいただきましたし…そもそも数字を紹介しただけでまだまだ深掘りしておりませんので、また改めて機会を作ってまとめてみたいと思っています。

ただ、一つだけ言っておきたいことがあります。これについては多くの皆さまも異論はないだろうと思うことではありますが…。

いじめを見て見ぬふりすることは卑怯そのものです。たとえその場で「やめろ!」と声を上げられなくても。

できることは必ずあるはずです。あなたにしかできないことが確実に存在します。それを考えて実行できたなら、それだけでも凄いことで…その行為によって救われる人が必ずいると断言します。少なくともあなた自身が…たとえ少しであっても確実に、自分自身を嫌いにならずに済むはずですから。

当事者の苦しみに思いを馳せることができるのであれば。遠いまちで決して戻らない最悪の事態が発生したことを自分のことのように感じ現場を非難するほどに熱くなれるのであれば。どうか…自分の住んでいるまちで同じような事例が起こりうる可能性はないのか、これを改めて考えてみてください。

残念ですが、どこのまちでも起こりうるのが現実ではないでしょうか。今までの人生で一度も「いじめだ!」と思うようなシーンに遭遇したことがない人がどれだけいるでしょうか?

偉そうに書いていますが無論…私だって決して聖人君子ではありません。

むしろ逆です…心の弱い一人の人間です。

だからこそ、普通の人…清廉潔白で過ちなど犯さないという稀な存在ではない、大多数の一般の人々が見て見ぬふりをしたり、悪事に積極的には加担しないまでも現状を受け入れて変化を起こそうとせず、状況改善しようとしないことによって誰かの自由、権利や利益が理不尽に侵害されるような事態を招くことがあってはならないと強く思うわけです。

我々の姿勢一つで…世界はもしかしたらとても大きく変わるのではないでしょうか?

何だか宗教チックな方向に行っている気がしますが…無論そーゆーことではありません。私が当ブログに書いていることは全て、基本的には政治という手段を使って解決・改善していきたい内容です。

ところで今日は、実はとても嬉しいことが二つありました。

二つともまだ詳細を書けないのが何とももどかしいところではあるのですが…近いうちに必ず、両方とも報告&共有させていただきます!

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント