最高裁も審査カーを走らせろ!選挙運動は投票日前日23時59分まで!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

本日は土曜日でしたがナンダカンダと忙しい一日になりました。夜、これはちょうどお惣菜などが半額になるゴールデンタイムではないかと思って帰宅前にスーパーに寄ったところ…近くの選挙事務所の皆さまと思しき方々が沢山来ておられました。

明日は衆議院議員選挙&最高裁判所裁判官国民審査の投票日!

衆院選。白票に意味はあるか?選挙の目的を考えれば答えは明白。

2021-10-23

誰一人罷免されたことがない最高裁判所裁判官国民審査は適正なのか?

2021-10-24

選挙のたびに期日前投票がメジャーになってきている感があります。総務省の30日の発表では1,662万人超と…実に有権者の16%弱の方がすでに投票しており、今回の衆院選が期日前投票の過去最多を更新したそうです。周囲でも投票を済ませたという話を聞くところですが…本日は選挙運動ができる最終日ということで、全国各地の陣営が最後ギリギリまで頑張っておられるのだと思います。

うっかりやっちゃう候補者や陣営も選挙のたびに報道等で見聞きしますが…こんな基本的なルールすら守れないような人たちが選挙で選ばれるのかよ…とは思うところです。無知を晒すだけだし、そこでアピールしてももはや届かないやろ。

選挙戦中「うるせぇなぁオイ!」って思ったことも何度もあったけど…。私は超絶お互い様なので何も言えねぇ…。

何しろ私自身も2015年と2019年の津山市議会議員選挙の際には選挙カーで市内を散々回らせていただき、時には「うるせぇんだよ!」だったり…とてもココには書けないような罵声や怒号も浴びせられたクチです。実際…そりゃ小さなお子さんが寝たばかりの家庭や保育園だとか、授業中の学校近辺だとか…ここで大声出しちゃマズいだろ的な時と場合と場所は幾つもあると思っていますので、そういう声が出てくることは仕方ないと思いますし、迷惑を掛けた自覚もあります。

しかし、業界では結構有名な話ですが…下のようなデータもあるために誰もがあの選挙カーレースからおりられずにいるのが実際のところで…私自身も選挙カーを使用していなかったとしたら、当選できていたとは思えないのが正直なところです。

選挙カーの名前連呼って、本当に効果あるの? ⇨教授が実際に研究してみた結果…

しかし「衆院選の選挙カーうるさいんだよ、どうにかしろ!」って言われても…。

ところで衆院選と同時に最高裁判所の裁判官国民審査が行われていること自体を知らない方が、私の周囲には予想より非常に多くおられました。それには「31日には裁判官の国民審査が行われます、私に×を付けないでください、私は裁判官として立派に仕事をしてきたからです!」などといった審査運動(?)審査カー(?)を走らせるなどして裁判官たちが行っていないという事実も、恐らく無関係ではないでしょう。

うっせえわと思われようとも、声を上げることにはやはり意味があるのです。

ただもちろん、逆効果になることもあり得ます。

受け取り方は人ぞれぞれですからね!

例えば…実際に私は病院の前では選挙カーのボリュームを下げるなどしていました「聞きたい人もいるんだから病院の前でも普通のボリュームで話してほしい」と入院している患者さんの家族の方から連絡をいただきましたし…その件を看護師の友人に話したところ「そーゆー声もあると思うよ、そもそも三浦くんだけが声を落としても何の意味もないし、多分ソレ損しかしないと思う。」という直球助言をもらったこともあります。

難しいけど、答えを出すしかないのです。

だって立候補している者はもれなく…様々な考え方の人たちがいっぱいいる国、都道府県、市区町村の方向性を、それぞれの議会で住民を代表して議論して…結論を出す仕事に就こうかという人間たちなわけですから!

ここクリアできないようじゃ、仕事なんてできないでしょ!

あたしゃ今日の期日前投票に行くつもりでしたが…結局間に合わずじまい。明日も忙しいけど何とか行かねばなりません。どなたさまも素敵な充実した日曜日を!

それでは本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント