入学式も卒業式も?無意味じゃないけど、面白くする余地はある!

未来拓く、みうらひらくです。

長い挨拶はクソだって書いておいて何ですが、短くまとめるのは難しい。

誤解を招くこともある。

文章構成能力が足りないだけって噂もあるが。

しかし、そこに挑戦するのが今年の目標というか…当面の課題でもあるのです。

元日に400文字目標って書いたのに、昨日も一昨日も500文字書いている自分に甘い俺。

Google先生に尋ねた結果、1分で読める文字数は一般的に大体400〜600文字程度らしいので決めた数字。

読書速度測定はコチラ

周囲では大体1分くらいで読んでくれているみたいだけど、どうかな??

昨日のエントリーは久々に少し盛り上がった。

Facebookでのコメントやメッセージ、その他ご連絡いただいた方々…有難うございました。

改めて、まとめてご紹介いたします。

式典的イベントを全て否定する積もりはないし、成人式も出初式も無意味だとは考えていません。

ただ何事であれ、今のままのやり方で良いのかどうかを考えてみる姿勢は大事だと思う。

既成概念に縛られてない??

検証の結果…やっぱり大事ってなることも、見直した方が良いってなることもあるだろう。

思考停止はマズイぜってこと。


それでは、また明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント