剛力さんは剛腕ではなかった。削除はアリ?発信内容の事後対応。

未来拓く、みうらひらくです。
剛腕を目指してはおります、みうらひらくです。

”口は災いの元”という格言は重い。

口が過ぎる人間が毎日発信していれば、痛感する機会は少なくない。ブログに書くということは、もはや大声で叫んでいるのと同じだからだ。

インターネット…特にSNSにより、個人が発信する情報の拡散可能範囲が格段に広がった。昔は爆発的拡散を狙うならテレビや新聞、ラジオや雑誌などに取り上げられるラッキーorアンラッキーを頼むか…あるいは自費出版でも考えるくらいしか手はなかった。

自身の喜怒哀楽を誰かと共有したいという思いは、人間の普遍的な感情だと考えている。

嬉しいことがあると、人はなぜ誰かに話したくなるのだろうか。

2016.11.13

上記エントリーを書いてから2年近く経った今でも、人間は自分一人で生きているわけではない以上…誰かに自分を理解してもらいたいと感じるのは自然なことだと思うのだ。

このところ発信内容が重い…偏っているというご指摘を受けがちなので…今日は軽い(?)話題を一つ。

剛力彩芽がインスタ投稿を謝罪し「すべて削除」を宣言 「やっかみですよね」と擁護の声も

女優の剛力彩芽さんが、交際しているスタートトゥデイ(ZOZOTOWN運営)の前澤友作社長とのW杯決勝デートについて投稿したところ、炎上したとか何とかってネタだ。

何それ…超どうでも良いんですけど。

そう思った人が大半だろう…いやマジで、どうでも良い話である。

女優さんが大会社の社長とプライベートジェットでサッカー観戦に行っても…別に良くね?

むしろそーゆー人達はVIP席で観戦しない方が微妙じゃないかと思う。

人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて…などという言葉もある。ズバリ余計なお世話であろう。事務所スタッフ等の利害関係者にとっては他人事ではないのかもしれないけど。

しかし恐らくは第三者の批判等の影響により…過去にSNSに投稿した全く関係ないネタまで削除するというのが上の記事の概要だ。

それもまた彼女の自由。

好きにすれば良い話だ。

しかし、公人の発信はまた異なる。

政治家が発言を取り消したり、削除する行為は非難されて当然だと考えている。

河野太郎氏がブログを削除した一件を思い出した。コレが大きなブーメランにならぬよう…慎重に情報発信していかねばならないとは思う。

ただ、それでも人だ…人間だ。

我々は間違いを犯すものだ。

気づいたら、素直に謝りましょう。

俺の中では、誤った発信をした事実をなかったことにするのはナシ!

もちろん、発信内容を歪めるのも同じこと…事実は事実だ。自分のミスを受け止めて、どう消化したか。

それを隠しちゃいけないと思うのです。

剛力さんには別に興味がないのだが、この騒動を毅然とした態度でガツンと突っぱねてくれたら…ファンになったかもしれない。

女優さんとVIP席でW杯の決勝観てたら…そりゃ浮かれもするだろ?

世の中の大多数の人は、立場が異なれば浮かれると思った今日この頃です。

本日はこんなところで。また明日!

コメント