誰よりも仕事が出来る人に、誰よりも高い報酬を払うべきか否か?

未来拓く、みうらひらくです。
対価のない仕事を信用しない、みうらひらくです。

だってそれは仕事じゃない。

プロフェッショナルとそうでない者の差というのは、報酬に反映されるべきであると思っております。

そこに責任も生じるしね。

無報酬だと、どうしても責任までは背負ってもらいづらい。

報酬を払うことなく、仕事を強要することはあってはならない。それはどんな職業についても同じこと。以前にも似たような話を書いたことがあったな…。

無償で仕事をして…だと??タダほど高いものはないってこと、思い知らせてやろうか!!奉仕と仕事は違うという至極当然のこと。

2016-02-06

報酬がお金であろうが現物支給(?)であろうが、それは双方の利害が一致すればどんな形であれ構わないだろう。

ちなみに今日のアイキャッチ画像だが…明らかな未成年に「ビールお一ついかがっすか〜?」と勧めている現場写真ではありませぬ。未成年者への飲酒の強要も、当然あってはなりませんYO!

俺が初めてお酒を飲んだのはいつだったかって…?そんな昔話は忘れてしまったよ…。

かつて飲食業界に身を置き、お酒に囲まれて暮らしていた頃、接客センスの塊だったと自認している。お客さまの新規獲得やリピーターを獲得する術に長けていたのである。それは先日も自慢した通りの話だ。

ただ…選挙の票集めの際にもテクニックが使えるかと楽観視していたら…そう簡単な話ではなかったがなッ!

自慢でスミマセン!歌舞伎町仕込みの俺のテク、味わいにおいで。

2018-08-12

綴っているのは現状に対する不満ではない。今の自分は(もちろん相当の制限はあるが)ある程度の自由裁量権を認められ、仕事をさせていただいている。その内容は、かつて選挙に挑んだ際にやりたいと考えていたことと大いにカブるものだ。

つまりは、やりたいことをさせてもらっている。

そーゆー意味で、現状の待遇に不満は少ない。

だがしかし、業務上の成果と報酬に相関性がない仕事は基本的にダメだと思っているのである。

それは今の仕事もそうだし…前の仕事もそうだし…それが超実感できたのは当然ながら自分一人でやっているフリーランス時代。

そしてそれ以外には…俺より仕事ができる人間はこの店にいないんだから、俺の報酬を最高にしろと主張して認められた飲食業時代だけである。

年功序列不要論を書いたエントリーには賛否両論いただいたが…どう思います?

公務員&議員必見!本気の公務員制度改革を知れ!年功序列廃止。

2018-07-31

俺はシンプルだと思うけどね、標題への回答は。

一番出来る奴が一番持っていけば良くね?

一番やっている奴じゃなくて、出来る奴ね。

仕事量じゃなくて、成果量でこそ判断すべき…成果に繋がらない努力は効率悪いですからな!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(40歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント