祈っても願っても変わらん!暗いニュース見たい奴はまず金払え!

未来拓く、みうらひらくです。
今夜は無事に東京に着いております、みうらひらくです。

本当は昨日のうちに着いているはずでしたが…ご存知のように移動はほぼ不可能な状況でした。関西圏を中心に大きな被害を与え、昨日はあらゆる交通インフラを麻痺させた今回の台風21号の影響を受けた人は凄まじい人数に上るでしょう。

ところで、そもそも。

今回の台風や先だっての豪雨災害、天災じゃなくても明らかに悲劇的な事件とか…そーゆーのを事細かに報じるニュースって必要でしょうか?

あれ誰が得するの?

個人的には…こうした報道の詳報や動画などは有料で課金する方向もアリなんじゃないかとブチ上げたい。

天災の惨状を見知りすることで、自分自身の日常の備えを見直すキッカケにする?本来それは報道に触れる前に当然しておくべき事です。しかも悲劇惨劇は散々繰り返されてきています…そして残念ながら今後も繰り返されるでしょう。

ぶっちゃけ、興味本位で見たいだけなんじゃないの?俺が政治を志すキッカケになった3.11しかり、豪雨災害や台風しかり…テレビや新聞でセンセーショナルに取り上げられる当事者の皆さんは、決して望んで報道される立場になったわけではありません。

当事者心理として…広く知ってもらいたいと考える方よりも、実はあまり報じてもらいたくない方が多いのではないでしょうか?

天災の罹災者、犯罪の被害者が本当に必要としているのは心配や同情などではないでしょう?

つまり、支援です。

感情よりも、目に見えるものです。

大切なことは目に見えないという、星の王子様に出てくるフレーズは私も大好きですが…支援は目に見える形ですべきだと強く感じています。

端的に言うと、金です。

労働力などを提供するボランティアもコストとして金銭に換算することができるでしょう…結局は同じことだと思っております。本気で支援するなら、自らコストを費やして行動しないと意味がありません。

つか…もうハッキリ言っちまうか。

口だけ野郎にはウンザリなんですわ!

かわいそう、大変そう、祈ってます、願ってます…等々。

祈っても願っても、何も変わらんぜ?

もっと実効性のある行動を取らないか?

取ってる人は言わなくても取ってる。そーゆー人たちは良いのよ。

その時だけは自分の欲求を満たすためにメディアで散々情報を得ておいて…結局何もしない。

好奇心を満たすためなのか、優越感に浸りたいのか…理由は何だって同じことです。もちろんソレ自体、何ら違法性もなく自由です。

だけどその欲求解消は、誰かの犠牲のもとに成り立っていることを忘れちゃいないかい?

例えばテキストニュースと静止画は無料のままで、動画コンテンツのみ有料にして…収益の一部は寄付するとかどうだ?

衝撃映像の類いは人を引きつける。見たくて仕方ない人もいるだろう。

だがその内容は果たして公益にかなうものだろうか?

単なる野次馬根性の果て、根っこは覗き見の好奇心ではないのか?

そうじゃないかと思うのよ。

恥ずかしながら、俺がそうだから。

人間なんて基本、そんなに立派なものじゃないと思うのです。

それでも良いと思うのよ。だからこそ立派な行いは讃えられるべきだし、そんな人間の好奇心も非常に大事で有意義なものだと考えています。まずは事実を受け止めなくちゃならんでしょ!

その上で、何ができるか…何をすべきか。

考えるの止めたら、そこで試合終了ですYO!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント