体力自慢の君!俺に勝てるの?三輪車片手に山登りしたことある?

未来拓く、みうらひらくです。
体力よりも肉がついている、みうらひらくです。

本日鏡野町では、当ブログでも何度か告知を書かせていただきましたモンベルさんとのコラボレーション企画、SEA TO SUMMITが開催された。

ママチャリで大会に出るだと?モンベル&鏡野コラボに参加せよ!

2018-09-15

イベント内容や進め方について言いたいことも色々あるが…まず第一に内部で話し合うことで、ここに書き散らすのはその後の方が良いだろう。

イベント終了後に鏡野町議会議員さんと会う機会があった。「町議会議員が誰も来ていないなんてあり得んでしょ!」って突っ込んだら…来ていた人もいたみたい。口は災いの元…ってか確認せずに断言しちゃダメだなと思った次第。

さて、話を戻そう。

SEA TO SUMMITはカヤック→バイク(自転車)→ハイク(登山)の3つのパートからなる、ミニトライアスロン風イベント。岡山県知事や美作県民局長、そしてモンベルの会長さん、鏡野町長も参加して、早朝から開催された。

俺は最後の最後の締めくくり…ハイクパートの最後の選手が山に登り始めたのちに、追いかけ&途中でバテている方々のケアやサポートをしつつ、自分自身も登頂&下山するというミッションを担当していた。

はじまりはいつもハゲ。

いや、何か手が勝手に動いてしまったが…思いつきなんて、突然やってくるものだ。アイデアは急に降ってくることもあるだろ?

今日は日曜日…まずは三輪車で足踏み洗濯をする!

…わけにはいかないので、とりあえず写真撮影。

足踏み洗濯って何やねんって人は下記のエントリーをどうぞ。

動画あり。鏡野ダンス&コスプレのご案内!体験大歓迎ですYO!

2018-09-16

急いでいたので洗濯娘1人隠れちゃってますけど…ご勘弁を。他にも見ている人たちがいたため…正直「あのバカなになってんの?」って思われることにビビっちゃったヘタレな私です。

しかしその後は根性を見せた。

孤独な戦いを繰り広げた。

右手におゆりんヘルメット、左手に三輪車を持ち…気合いで山頂まで行ってやったわい!

途中、マジで帰りたいと思ったけど…下山中の多くの参加者の皆さまから勇気をもらった。

みうらひらく
こんにちは〜!今日は有難うございます。お疲れ様でした。
通りすがりのイベント参加者
(チラ見しつつ…やだ何この人、三輪車持ってるんですけど…危ないわマジで。関わらんとこ。)あ、こんにちは…。
みうらひらく
お、今…コイツ何持ってんだよって思われましたよね?気になります?
通りすがりのイベント参加者
(うわ〜、面倒くさい。でもこーゆー奴、なるべく刺激しない方が良いか。)そ、そうですね…さすがに気になります、少し。
みうらひらく
実は来月鏡野町では…

といったやり取りを延々と繰り返し、気付けば山頂までたどり着いていた。

途中、まさかの出会いもあり…オフロードでの三輪車ドライブの映像を撮影したりして、楽しく登らせていただきました。

超疲れたけど。

実は明日は超大切な用事があるので…さすがに今夜は眠って体力&気力の回復を図ろうと思っております。

明日はむしろ知力を試されそうな感じだけど…またその辺りは報告するとして。

とりあえずはそう…お分かりだと思うが、わざわざ山頂まで三輪車を運んだのは例の企画のために他ならない。

鏡野一が宇宙一!これが全日本三輪選手権。本気でふざけようぜ!

2018-10-05

この三輪車チャンプの俺に、誰が勝てるって言うんだ?

モンスター級の体力、そして振り切ったアホさがなければ…こんなこと誰もしない。

ちなみに道中、途中から少し恥ずかしくなったシャイボーイの俺「いやぁ、鏡野町で来月三輪車の全日本選手権があるんですけどね…急に上司が山頂まで三輪車持って来いなんて言うんですよ…こんなパワハラってあります?」などと言っていたことは絶対に内緒だ。

絶対だぞ?

ちょっとTwitterも勉強しないとな。

あっと…そうだもう一つ!

ついに開催が一週間後に迫りました、全日本七輪選手権にまずご参加くださいませ!

世界よ、これが全日本七輪選手権だ!超豪華ランチ付きってマジ?

2018-09-23

こちらも老若男女誰でも楽しめて、豪華商品もあるYO!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント