タバコは悪か?嗜好品から考える”あたらしいおもいやり”の姿。

未来拓く、みうらひらくです。
タバコのニオイが気になる、みうらひらくです。

自分が吸わないもので、余計に気になります。自分だけでなく家庭でもそうで…あのニオイを身に付けて帰ると、家族がなかなか厳しい扱いをしてくれるのです。

ってなわけで正直、タバコは好きではありません。

ただ35年来の相棒が凄まじいスモーカーであることから、タバコに対しての理解は意外に寛容な方かもしれません。お酒よりも依存性強いなコレって実例を何件も目にして実感として理解しております(異論もあるでしょうが)。

タバコ=悪っていう図式には抵抗があるのです。ハッキリ言って世の中の流れ的にはタバコは悪。

喫煙者への風当たりは自分が子どもの頃よりも確実に厳しいものになっております。

くせぇ。

吸わない人間にとっては百害あって一利なし。実際、ほとんど守ってあげられる余地がない気はします。現実として田舎では分煙などファミレスくらいでしか実感できません。歩きタバコはまだ日常的に目にする光景なのです。

自分が勝手に吸って、勝手に寿命を縮めるだけなら、法が認めている限りは自由です。しかしタバコにはご存知の通り副流煙という周囲へ害悪を流布する副産物があるのです。加熱式タバコの普及なども問題を小さくはするでしょうが、健康増進法受動喫煙防止条例などで今後ますます厳しく規制されていくことでしょう。

ただ、タバコにせよ酒にせよ…認められている範囲での嗜みは守られて良いと考えております。

どっちもくさいけど。

ニオイもハラスメントになり得る世の中です。周囲に配慮する必要があります。これ以上みずからの首を締めることがないよう、嗜好品は周りに気を配りつつ楽しまねばならないと思うわけであります。

嗜好品と言えばコーヒーやお茶などもそうなのです。餅だってモチロンそうです…言いたいだけですけど。

ちなみに俺は、超餅好きですけど。タバコや酒といった多くの人の目にも明らかなものだけでなく…自分にとっては当然と思える生活の一部の品ですら、誰かにとっては不快なものであるかもしれないという配慮は、これからますます必要になっていくであろう”おもいやり”の一部かもしれません。

ファブリーズ消費量ハンパない現場からは以上であります。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント