嵐を呼ぶ男による嵐の中での街頭演説。なぜ彼は立ち続けるのか?

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、今日は久々の街頭演説を朝にカマしてきましたが…途中でスピーカーだかマイクだかが電池切れになりかけて、最後の方は出る音が結構微妙な感じになってしまいました。

いつもなら交換用の乾電池を持っていっているのですが、今日はまぁ良いかな…と思ったのが間違い。そんな時に限って必要になっちゃうのよね…。備えあれば憂いなし、備えあれば嬉しいなというお話でした。

さて、津山市の今朝の天気は雨。

台風の影響なのか(?)…かなりの強風で、100円ショップで購入した簡易的なカッパを着用して演説していると、途中で思いっきりフード部分が破れるというアクシデント発生!テンションも下がったので、本日はいつもよりは比較的早く、実質的には40分程度で終了しました。

今朝やらなければしばらくできる予定がなかったため、たとえ雪が降ろうとも絶対に今日はやる気だったのですが…なぜ、そこまでして街頭演説を行うか?

その理由は動画にて!

ま、要するに興味を持ってもらいたいってことです。

今日の動画は帰りが遅かったため、自宅での一発撮りです。今しがたシャワーを浴びて裸で(?)キーボードを叩いているところです。

もうちょっとテーマを決めて撮影した方が良いわな。次回以降はさらに楽しく・面白く・わかりやすく改善していきますので…乞うご期待です!

動画をメインにすると、ブログ更新に掛かる時間が圧倒的に短縮できるって点も良いです。他の業務に今まで以上に時間を割けます。もっと早くやるべきだったなコレ!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント